武田栄喜が逆転でTOP 50初優勝/JB TOP 50 第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”:Final

 福岡県遠賀川で開催されたJB TOP 50 第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位30名で競われたこの日、トーナメントリーダーの藤田京弥は1尾で216gというウエイトにとどまり2位に後退。優勝を飾ったのは予選を2位で通過した武田栄喜だった。この日1636gをウエイインした武田が174g差で逆転、TOP 50初優勝を飾った。以下、上位陣は3位小森嗣彦、4位南一貴、5位早野剛史という結果となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。
+NBCNEWS

藤田京弥が首位で予選を突破/JB TOP 50 第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”:DAY 2

 福岡県遠賀川で開催されているJB TOP 50 第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出する上位30名が決定した。初日のトップウエイトをマークした市村修平はこの日1尾で686gにとどまり8位に後退。首位で予選を通過したのはこの日唯一リミットメイクを果たした藤田京弥。5665gをウエイインし、トータルウエイトを9253gとしている。以下、予選の通過順位は2位武田栄喜、3位南一貴、4位早野剛史、5位大塚茂。最終順位を決定するウエイト順は1位藤田京弥、2位武田栄喜、3位早野剛史、4位南一貴、5位市村修平となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。
+NBCNEWS

アダム・ワグナーが優勝/MLF Toyota Series Central Division 第2戦:Final

 テネシー州デール・ホロー・レイクで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Central Division 第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのアダム・ワグナーはこの日のトップウエイトとなる16Lb10ozをウエイイン。トータルウエイトを53Lb11ozとし、2位に10Lb以上の大差をつけて悠々の優勝を果たした。「昨日は1日で5バイトだけだったので、今日は不安なスタートだった。でも、セーブしていた場所の反応がよかったことで勝てたよ」と語ったワグナー。Big Bite BaitsのCraw Tubeによるフリッピングですべての魚をキャッチしたと明かしている。
+Major League Fishing
+成績

市村修平が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”:DAY 1

 JB TOP 50が今シーズンの開幕戦を迎えた。新型コロナウィルスの影響で昨年の開催が見送られたため、2年ぶりの開催となる。第1戦“ゲーリーインターナショナルCUP”の舞台は、福岡県遠賀川。厳しいコンディションが噂されていたが、この日のリミットメイカーは4名。参加59名中18名がノーウエイトという厳しい状況となった。この状況の中、トップウエイトとなる5845gをウエイインしたのは市村修平。以下、上位陣は2位早野剛史、3位佐藤旬、4位南一貴、5位五十嵐誠となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。
+NBCNEWS

アダム・ワグナーが首位をキープ/MLF Toyota Series Central Division 第2戦:Day 2

 テネシー州デール・ホロー・レイクで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Central Division 第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、アダム・ワグナーはこの日13Lb2ozとペースダウンしたものの、トータルウエイト37Lb1ozで首位をキープ。全体的にウエイトが落ちたこともあり、2位のブランドン・クラインに5Lb以上の差をつけてファイナルに臨むこととなった。以下、上位陣は3位デレック・ハドソン、4位ブライアン・スリフト、5位チェイス・ヘンリーとなっている。
+Major League Fishing
+成績

アダム・ワグナーが初日をリード/MLF Toyota Series Central Division 第2戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota SeriesはCentral Division 第2戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはテネシー州デール・ホロー・レイク。この日のトップウエイトとなる23Lb15ozをウエイインしたのはアダム・ワグナーだった。昨年の秋、ディープ攻略でこのレイクのトーナメントを制したワグナーだが、この日はシャローカバーのフリッピングでこのウエイトをマークしたと語っている。以下、上位陣は2位ミッキー・ベック、3位デレック・レミッツ、4位ビリー・ホール、5位スティーブ・ウィテカーとなっている。
+Major League Fishing
+成績

希少種の保護に新数理モデル リュウキュウコノハズクの個体の減少傾向を解明 北大大学院チーム

 南大東島に生息するリュウキュウコノハズクの個体数動態を推測する数理モデルを北海道大学大学院の研究チームが開発し、雌の生存率が他のフクロウ類より低く、個体数が減少傾向にあることを解明した。従来のモデルにはなかった性比の偏りを考慮することで、絶滅に近い生物種など、小さな個体群の保全に役立てられるという。国際学術雑誌「ポピュレーションエコロジー」に22日、オンライン掲載された。

“希少種の保護に新数理モデル リュウキュウコノハズクの個体の減少傾向を解明 北大大学院チーム” の続きを読む

ポケモンの釣り具人気 焼津のメーカーで完売、5月末に次回注文

 焼津市の釣り具メーカーデュオが人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターをデザインしたルアー(疑似餌)を発売し、今月2日の予約注文開始から数日で完売した。5月末から次回生産分の注文を受け付ける。

“ポケモンの釣り具人気 焼津のメーカーで完売、5月末に次回注文” の続きを読む

被害2倍に…サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」、埼玉で飛び回り拡大 さらに防除を

 埼玉県環境科学国際センターは、特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」による県内のサクラなど樹木の被害が2020年度(2月末現在)は16市町420カ所で確認されたと発表した。被害箇所が19年度の206カ所(12市町)から約2倍に拡大している。

“被害2倍に…サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」、埼玉で飛び回り拡大 さらに防除を” の続きを読む

エバン・バーンズが優勝/MLF Toyota Series Southwestern Division 第2戦:Final

 オクラホマ州レイク・テキソーマで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Southwestern Division 第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのエバン・バーンズは13Lbをウエイイン。トータルウエイトを42Lb10ozとして初日から首位を譲ることなく優勝を果たした。水深10ftより浅い場所にあるブラッシュをねらい、メインベイトはDUOのRealis Apex Vibeとケイテックのスイングインパクトファット3.3inを使用したBlack’s Custom Luresの1/4oz A-リグだったと語っている。
+Major League Fishing
+成績