毒注意!見つけたら触らず駆除を 「ハイイロゴケグモ」生息域拡大か

 神経毒を持ち、かまれると激痛や発汗を引き起こす恐れがある特定外来生物の「ハイイロゴケグモ」が9~10月にかけ、宮崎港を中心とする半径5キロの範囲で多数生息しているのが確認された。県は触れないよう注意を呼びかけている。

“毒注意!見つけたら触らず駆除を 「ハイイロゴケグモ」生息域拡大か” の続きを読む

外来魚「ブラウントラウト」大量繁殖で…

 大きいもので1メートルに達するというサケ科の外来種「ブラウントラウト」。繁殖力が高く、在来種を駆逐するケースが日本国内でも後を絶ちません。水産庁が指定する「適切な管理が必要な外来種」のひとつで、生息域の拡大を防ぐよう呼びかけられています。

“外来魚「ブラウントラウト」大量繁殖で…” の続きを読む

「世界の侵略的外来種ワースト100」のツヤオオズアリ 鹿児島県が指定外来種へ オオカナダモと2種追加

 鹿児島県環境審議会自然環境部会は7日、指定外来動植物の候補にツヤオオズアリとオオカナダモを決めた。県は年内に指定し、来年2月に野外放出禁止などの規制を目指す。

“「世界の侵略的外来種ワースト100」のツヤオオズアリ 鹿児島県が指定外来種へ オオカナダモと2種追加” の続きを読む

特定外来生物「セアカゴケグモ」の目撃相次ぐ 愛知では統計を止めるほど増加…その特徴と発見時の対処法は?

かまれると筋肉痛や頭痛などの症状 命の危険も
 愛知県一宮市の小学校の校庭で9月、毒を持つ「セアカゴケグモ」が見つかった。セアカゴケグモの特徴と、見つけた時の対処法について調べた。

“特定外来生物「セアカゴケグモ」の目撃相次ぐ 愛知では統計を止めるほど増加…その特徴と発見時の対処法は?” の続きを読む

ニック・レブランが逆転優勝/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Final

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されたB.A.S.S. Central Open 第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのジョン・スーカップは4尾で8Lb4ozとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは前日まで2位につけていたニック・レブランだった。この日のトップウエイトとなる17Lb3ozをウエイインしたレブランはトータルウエイトを50Lb2ozとして逆転優勝。3位で決勝に臨んだ木村建太はウエイトを大きく伸ばせずトータルウエイト45Lb12ozで2位、同じく4位の松下雅幸は39Lb9ozで6位という結果となった。

+B.A.S.S.
+

木村建太と松下雅幸がファイナル進出/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 2

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されているB.A.S.S. Central Open 第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、木村建太はこの日4尾で11Lbと大きくウエイトを伸ばせず3位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたジョン・スーカップだった。この日15Lb10ozをウエイインしたスーカップはトータルウエイトを34Lb11ozとしている。2位にはニック・レブランがつけ、初日10位につけていた松下雅幸が16Lb11ozをウエイインして4位へとジャンプアップ、木村とともにファイナルに進出。以下、5位コディ・ハフとなっている。日本人アングラーでは伊豫部健が20位、青木大介が37位、北大祐が83位、加藤誠司が121位、舘野茂和が123位となった。この段階で松下雅幸と青木大介はOPENS AOYの2位と3位が確定し、来期Elite Seriesの参戦権を獲得した。

+B.A.S.S.
+

木村建太が初日をリード/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Central Openは今季最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはオクラホマ州グランド・レイク。トーナメント初日のトップウエイトとなる21Lb14ozをウエイインしたのは木村建太。唯一の20Lb超えで2位に3Lb近い差をつけている。以下、上位陣は2位ジョン・スーカップ、3位ニック・レブラン、4位サム・ジョージ、5位コディ・ハフとなっている。日本人アングラーでは松下雅幸が15Lb3ozで10位と好位置につけたほか、伊豫部健が11Lb5ozで44位、青木大介が11Lb3ozで46位タイ、北大祐が9Lb7ozで72位、舘野茂和が6Lb3ozで116位、加藤誠司が4Lb6ozで143位につけている。

+B.A.S.S.
+

地域みんなで外来種駆除 佐大熊大作戦実行委 コミュニティづくりきっかけに

 奄美市名瀬の佐大熊緑地で16日、地域住民による外来種アメリカハマグルマの駆除が行われた。約100人が参加して1時間ほど作業を行い、汗を流した。終了後はかき氷が振る舞われ、みんなで味わいながら交流を深めた。

“地域みんなで外来種駆除 佐大熊大作戦実行委 コミュニティづくりきっかけに” の続きを読む