ローソン・ヒブドンが首位をキープ/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit 第5戦:Day 2

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit 第5戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のリーダー、ローソン・ヒブドンはこの日初日を上回る17Lb8ozをウエイイン。トータルウエイトを34Lb8ozとして首位をキープしている。以下、上位陣は2位エイドリアン・アビーナ、3位リッキー・ロビンソン、4位ゼル・ローランド、5位ジョシュ・ブラッグとなっている。日本人では深江真一がトータルウエイト29Lb9ozで16位となりセミファイナルに進出、小池貴幸がは154位でのフィニッシュとなった。

+Major League Fishing
+成績

ローソン・ヒブドンが初日をリード/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit 第5戦:Day 1

 Major League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit 第5戦が開幕を迎えた。トーナメントウォーターはメリーランド州ポトマック・リバー。この日のトップウエイトとなる17Lbをウエイインしたのはローソン・ヒブドン。祖父がギド、父親がディオンというヒブドン家のサラブレッドだ。26歳にしてルーキーイヤーとなる今シーズンだが、ポトマック・リバーでの釣りはこれが3〜4回めで、プロとしては初めてだという。「今日はいろいろなルアーを使ったけど、スローダウンしたらサイズが上がった。これがひとつのキーだったと思う」と語っている。以下、上位陣は2位ゼル・ローランド、3位ジョーイ・シフエンテス、4位エイドリアン・アビーナ、5位テリー・ボルトンとなっている。日本人では深江真一が15Lb5ozで15位タイと好位置につけたほか、小池貴幸が6lb12ozで154位につけている。

+Major League Fishing
+成績

児童ら、豊かな自然体感 マングースバスターズが浜辺で出前授業 赤徳小

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の町立赤徳小学校(土岐邦寿校長、児童98人)で12日、奄美マングースバスターズの出前授業があった。メンバーの山室一樹さん(60)らが講師となり、5年生12人が学校近くの浜辺を散策して生き物と触れ合い、身近にある豊かな自然を体感した。

“児童ら、豊かな自然体感 マングースバスターズが浜辺で出前授業 赤徳小” の続きを読む

特定外来生物「オオキンケイギク」

 今の時期、河川敷や道路脇などでコスモスに似た黄色い花を目にするが、手にする場合は注意が必要だ。その花は特定外来生物の「オオキンケイギク」かもしれない。アメリカ原産のキク科植物で、「家に持ち帰って植栽しよう」とすれば法律違反となり、罰則が科せられる可能性がある。

“特定外来生物「オオキンケイギク」” の続きを読む

ハンク・チェリー Jr.が2年連続優勝/B.A.S.S. Bassmaster Classic:Final

 テキサス州レイク・レイロバーツで開催されたB.A.S.S. Bassmaster Classicはトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日、トーナメントリーダーのハンク・チェリー Jr.は13Lb1ozをウエイイン。トータルウエイトを50Lb15ozとして2年連続でのクラシックウィナーに輝いた。これまで2年連続優勝を果たしたのはリック・クラン(1976、1977)、ケビン・バンダム(2010、2011)、ジョーダン・リー(2017、2018)で、4人めに名を連ねることとなった。メインパターンはブッシュへのフリッピングとロックエリアでのジャークベイティング。ベイトやウエイトは状況に合わせてさまざまなものを使用、ジャークベイトはBerkleyの新作、Stunnaだったと語っている。

+成績表
+B.A.S.S.

ハンク・チェリー Jr.が首位に浮上/B.A.S.S. Bassmaster Classic:Day 2

 テキサス州レイク・レイロバーツで開催されているB.A.S.S. Bassmaster Classicはトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のリーダー、スティーブ・ケネディはこの日4尾で9Lb11ozとウエイトを伸ばせず3位に後退。代わって首位に立ったのは初日3位につけていたハンク・チェリー Jr.だった。この日17Lb10ozを追加し、トータルウエイトを37Lb14ozとしている。以下、上位陣は2位ジャスティン・カー、4位クリス・ジョーンズ、5位マット・アリーとなっている。日本人では伊藤巧が41位、松下雅幸が42でのフィニッシュとなった。

+成績表
+B.A.S.S.

スティーブ・ケネディが初日をリード/B.A.S.S. Bassmaster Classic:Day1

 B.A.S.S.の最大のイベント、Bassmaster Classicがテキサス州レイク・レイロバーツで幕を開けた。新型コロナウィルスの影響でスケジュールが変更されたものの、ワクチン接種が進んでいることもあり従来どおりアリーナで観客を入れての開催となった。この日のトップウエイトとなる23Lbをウエイインしたのはスティーブ・ケネディ。以下、上位陣は2位パトリック・ウォルターズ、3位ハンク・チェリー Jr.、4位クリス・ジョーンズ、5位ドリュー・クックとなっている。日本人ではどちらも初のクラシック出場となった伊藤巧が12Lb2ozで32位タイ、松下雅幸が5Lb9ozで47位につけている。明日の上位25名が最終日の決勝戦に進出する。

+成績表
+B.A.S.S.

外来種駆除に「カメポスト」設置 カメダイヤルも 兵庫・丹波篠山

 外来種のミシシッピアカミミガメの駆除につなげようと、兵庫県丹波篠山市が同市北新町の篠山城跡三の丸西駐車場に「カメ回収ポスト」を設置した。周辺でアカミミガメを見つけたら捕まえて、ポストに投入してもらう。5~7月はカメの繁殖期で、水辺から陸上に上がり目撃しやすい時期のため、市民に協力を呼びかけている。

ケビン・バンダムがBASS PRO TOUR初優勝/MLF BASS PRO TOUR第4戦:Final

 テネシー州レイク・チカマウガで開催されたMLF BASS PRO TOUR 第4戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した10名による決勝戦、“Championship Round”が開催されたこの日、70Lb1ozで優勝を飾ったのはケビン・バンダムだった。トータルフィッシュ25、最大業は6Lb5ozというスタッツだった。クランキングがメインパターンだったバンダムはStrike KingのSeries 5 XDをメインに使用。カラーはブルーギザードシャッドだった。深江真一は6位でのフィニッシュとなった。

+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING