冨沢真樹が逆転優勝/JB マスターズ第1戦“シマノCUP”:Final

 山梨県河口湖で開催されたJBマスターズシリーズ第2戦“シマノCUP”はトーナメントの全日程を終了。参加者96名中魚をウエイインしたのは20名、前日に続きリミットメイカーゼロという厳しい状況の中、初日のトップウエイトをマークした中原康太は1尾のウエイインにとどまった。ここで息を吐いたのは初日5位につけていた冨沢真樹。この日2番手のウエイトとなる4,114gをウエインし、トータルポイント215で中原を逆転して優勝、中原は2位でのフィニッシュとなった。以下、上位陣は3位西川慧、4位藤川温大、5位長友政貴という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

コリー・ジョンストン、首位のままファイナルへ/B.A.S.S. MAXAM Tire Bassmaster Elite Series 第4戦:Day 3

 フロリダ州セントジョーンズ・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第4戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。昨日首位に浮上したコリー・ジョンストンはこの日も好調を維持。23Lb2ozをウエイインしてトータルウエイトを73Lb13ozとし、2位に14Lbという大差をつけて首位をキープ。以下、ブラッド・ワットレイ、クリス・ジョンストン、ジェイコブ・フォウツ、ローガン・ラトゥーソ、グレッグ・ハックニー、レイ・ハンゼルマン Jr.、ジェイソン・クリスティ、ドリュー・ベントン、マット・アリーがファイナルに進出している。

+B.A.S.S.
+成績

ダコタ・エバーレが首位に浮上/MLF Tackle Warehouse Invitationals 第3戦:Day 2

 ケンタッキー州ケンタッキー&バークレイ・レイクで開催されているMajor League Fishing Invitationals第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位30名が決定した。初日のリーダー、アンドリュー・ノードバイはこの日18Lb11ozをウエイイン。悪いウエイトではなかったものの、これを上回る勢いを見せたのが初日2位につけていたダコタ・エバーレだった。この日のトップウエイトとなる21Lbをウエイインしたエバーレはトータルウエイト42Lb4ozで首位に浮上。以下、上位陣は2位アンドリュー・ノードバイ、3位コルビー・ミラー、4位アレック・モリソン、5位ボロディ・キャンベルとなっている。

+Major League Fishing
+成績

中原康太が初日のトップウエイトをマーク/JB マスターズ第1戦“シマノCUP”:Day 1

 JBマスターズシリーズは第2戦“シマノCUP”が山梨県河口湖でキックオフを迎えた。参加者96名中魚をウエイインしたのは21名、リミットメイカーゼロという厳しい状況の中、2尾ながら2,960gというウエイトをマークしたのは中原康太だった。以下、上位陣は2位大場直樹、3位西川慧、4位芳賀龍平、5位冨沢真樹という順位になっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

コリー・ジョンストンが首位に浮上/B.A.S.S. MAXAM Tire Bassmaster Elite Series 第4戦:Day 2

 フロリダ州セントジョーンズ・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第4戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のトップウエイトをマークしたケイレブ・サムロールはこの日1尾のウエイインにとどまり大きく後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたコリー・ジョンストンだった。この日27Lb8ozと他を圧倒するウエイトを持ちこみトータルウエイトを50Lb11ozとしている。以下、2位マット・アリー、3位ボブ・ダウニー、4位クリス・ジョンストン、5位レイ・ハンゼルマン Jr.となっている。日本人勢は準決勝進出ならず、木村建太が69位、伊藤巧が80位、藤田京弥が103位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

アンドリュー・ノードバイが初日をリード/MLF Tackle Warehouse Invitationals 第3戦:Day 1

 Major League Fishing Invitationalsは第3戦のキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはケンタッキー州ケンタッキー&バークレイ・レイク。この日22Lb12ozをウエイインしてトーナメントリーダーとなったのはアンドリュー・ノードバイだった。以下、上位陣は2位ダコタ・エバーレ、3位アレック・モリソン、4位ブラッド・ルースナー、5位コルビー・ミラーとなっている。

+Major League Fishing
+成績

ケイレブ・サムロールが初日をリード/B.A.S.S. MAXAM Tire Bassmaster Elite Series 第4戦:Day 1

 B.A.S.S. Elite Seriesは第4戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはフロリダ州セントジョーンズ・リバー。この日、28Lb8ozというビッグウエイトを叩き出したのはケイレブ・サムロール。2位のコリー・ジョンストンに5Lb5ozの差をつけてトーナメントリーダーとなった。以下、上位陣は3位ウェズ・ローガン、4位タイにマット・アリーとケイレブ・クーファルとなっている。日本人では木村建太が12Lb13ozで62位、伊藤巧が9Lb12ozで87位、藤田京弥が5Lb11ozで101位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

琵琶湖で北米原産ナマズの捕獲数が急増 ウナギと競合恐れ、滋賀県が危機感

 北米原産の特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ(通称・アメリカナマズ)」の捕獲が近年、琵琶湖で急増している。初確認から年間50匹以下で推移してきたものの、過去5年は200~300匹が見つかっている。在来の魚の成長に影響を及ぼす可能性があるといい、滋賀県や漁業者が駆除に力を入れている。

“琵琶湖で北米原産ナマズの捕獲数が急増 ウナギと競合恐れ、滋賀県が危機感” の続きを読む

ジョン・ギャレット、首位を譲ることなく初優勝/B.A.S.S. Lowrance Bassmaster Elite Series 第3戦:Final

 フロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクスで開催されたB.A.S.S. Elite Seriesは第3戦はトーナメントの全日程を終了。この日は予選を通過した上位10名によるファイナルが開催された。初日からトーナメントをリードしているジョン・ギャレットはこの日のトップウエイトとなる21Lb3ozをウエイイン。トータルウエイトを84Lb5ozとして圧勝。今シーズンがElite Seriesルーキーイヤーのギャレットは今回がB.A.S.S.戦初勝利となった。メインベイトはクランクベイトでStrike Kingの5XDと1.5 squarebill、このほかヘアージグとキャロライナリグのStrike KingのOchoを使用したと語っている。

+B.A.S.S.
+成績