滋賀「西の湖」でアオコ大量発生 原因は湖水の異変、対策へ「泡」の新兵器

 琵琶湖最大の内湖「西の湖」(滋賀県近江八幡市)で近年、アオコが大量発生している。地元の水産、観光事業者らが頭を抱えており、滋賀県が水質改善に向けた実証実験に乗り出した。高濃度の酸素を含む直径1マイクロメートル未満の微細な気泡(ウルトラファインバブル)を湖底に送り込み、アオコの発生を抑制する全国的に珍しい取り組みという。

“滋賀「西の湖」でアオコ大量発生 原因は湖水の異変、対策へ「泡」の新兵器” の続きを読む

1年で“4万匹”駆除 天然記念物の天敵「赤いアイツ」を炊き込みご飯に!

 宮城県大崎市の天然記念物の淡水魚が、ある外来種の繁殖によって生存を脅かされています。生態系の回復には外来種の駆除が欠かせませんが、資源として有効活用するため、いま地域ぐるみの活動が行われています。「赤いアイツ」をあんな料理に変身?

“1年で“4万匹”駆除 天然記念物の天敵「赤いアイツ」を炊き込みご飯に!” の続きを読む

生態系への影響が大きい外来種 アルゼンチンアリ 那覇港で確認 農業被害など懸念

 那覇港管理組合は17日、生態系への影響が大きいとされる外来種で、沖縄県が「重点予防種」に指定しているアルゼンチンアリが同港の公共国際コンテナターミナル内のコンテナヤードで確認されたと発表した。人を直接刺すことなどはないものの、県の「早期発見・防除計画」では屋内へ侵入し不快害虫となることや農業被害などが懸念されている。

“生態系への影響が大きい外来種 アルゼンチンアリ 那覇港で確認 農業被害など懸念” の続きを読む

農作物食い荒らす「最強の外来種」アライグマ 鹿児島・枕崎でイノシシのわなにかかる 県内4年ぶり、7例目

 鹿児島県は16日、農作物を食い荒らし「最強の外来種」と呼ばれる特定外来生物アライグマが、鹿児島県枕崎市立神地区の山林で捕獲されたと発表した。県内での確認は2018年10月の阿久根市以来で7例目。県と枕崎市は発見場所周辺にわなやカメラを設置し、状況を調査する。

“農作物食い荒らす「最強の外来種」アライグマ 鹿児島・枕崎でイノシシのわなにかかる 県内4年ぶり、7例目” の続きを読む

袖山敦志が逆転優勝/W.B.S. Kasumi Pro Classic 30:Final

 茨城県霞ヶ浦で開催されたW.B.S. Kasumi Pro Classic 30はトーナメントの全日程を終了。2 Dayトーナメントの最終日となったこの日、初日のリーダー小島貴は痛恨のノーウエイト。このチャンスをものにしたのは初日2位につけていた袖山敦志だった。タフコンディションの中、1尾で700gをウエイインした袖山はトータルウエイトを3,735gとして小島を逆転。記念すべき30回めのクラシックウィナーに輝いた。以下、上位陣は2位橋本卓哉、3位袖山敦志、4位草深幸範、5位関和学という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、W.B.S.の公式サイトW.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.on LINE

小島貴が初日をリード/W.B.S. Kasumi Pro Classic 30:Day 1

 今シーズンの総決算となるW.B.S. Kasumi Pro Classic 30が茨城県霞ヶ浦でトーナメント初日を迎えた。スタート&ウエイイン会場は茨城県土浦新港。12名のクオリファイアーによって競われたこの日、トップウエイトとなる3,195gをウエイインしたのは小島貴。以下、上位陣は2位袖山敦志、3位松村寛、4位草深幸範、5位今井新となっている。トーナメントの詳細および成績は、W.B.S.の公式サイトW.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.on LINE

野山の「厄介者」の外来種「セイタカアワダチソウ」からアロマオイル 地域の恵みに変える(島根・大田市)

 背が高く、黄色い花をつけたセイタカアワダチソウ、アメリカ原産の外来種で繁殖力が強く、厄介者の雑草というイメージを持つ方もいるかもしれません。大田市の三瓶山周辺では、このセイタカアワダチソウを地域の特産として活用する取り組みが始まっています。 大田市の三瓶山。一面をじゅうたんのように覆う黄色い花。環境省が生態系に大きな被害を及ぼす恐れがある外来種に指定している「セイタカアワダチソウ」です。

“野山の「厄介者」の外来種「セイタカアワダチソウ」からアロマオイル 地域の恵みに変える(島根・大田市)” の続きを読む