鹿児島県・アカギ、保存樹「指定解除」を答申 「維持、伐採」継続議論求める 奄美市環境保全審議会

 奄美市環境保護審議会(会長=須山聡駒沢大学教授、委員14人)は31日、市内の小中学校や市街地に植えられ、市の環境を守る条例で保存樹に指定されている外来種のアカギと、新たに「種の保存法」の保護対象となった希少動植物3種について、市の指定を解除することを、安田壮平市長に答申した。須山会長が同日、市役所を訪れ安田壮平市長に答申書を手渡した。市は近く指定解除の告示を行い、正式に解除する。

“鹿児島県・アカギ、保存樹「指定解除」を答申 「維持、伐採」継続議論求める 奄美市環境保全審議会” の続きを読む

トッド・クラインが逃げ切って優勝/MLF Toyota Series Western Division 第1戦:Final

 アリゾナ州レイク・ハバスで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Western Division 第1戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日、トーナメントリーダーのトッド・クラインは15Lb13ozをウエイイン。ややペースダウンしたものの前日までの7Lb近いリードが功を奏してトータルウエイト60Lb14ozで逃げきりでの優勝を飾った。「今日はストレスが溜まる釣りだったよ」と語ったクライン。前日までの釣りで魚が食わなくなったと判断し、ラージマウスバスからスモールマウスバスに狙いを変えてリミットメイクに成功したという。

+Major League Fishing
+成績

トッド・クラインが首位をキープ/MLF Toyota Series Western Division 第1戦:Day 2

 アリゾナ州レイク・ハバスで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Western Division 第1戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のトップウエイトをマークしたトッド・クラインはこの日も好調を維持。初日を上回る23Lbをウエイインし、トータルウエイトを45Lb1ozとしている。以下、上位陣は2位マイク・ウィリアムズ、3位カイル・グローバー、4位クリス・キンリー、5位ディーン・ロハスとなっている。日本人では児玉一樹が75位でのフィニッシュとなった。

+Major League Fishing
+成績

ケニー・スティーブンソンが逆転優勝/MLF Toyota Series Southern Division 第1戦:Final

 フロリダ州ハリスチェイン・オブ・レイクスで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Southern Division 第1戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日は前提的にウエイトが伸び悩んだ。この状況の中、前日まで2位につけていたケニー・スティーブンソンが20Lb2ozをマークして逆転優勝を果たした。「とにかくスローな釣りが今日のキーだった」と語ったスティーブンソン。プレッシャーによってナーバスになっているバスが口を使うまで、パワーポールを下ろしたらエレキを使用することなく10分は気配を消したという。「プロペラが草に当たっただけでも口を使わなくなるんだ。まさに忍耐の釣りだったよ」と語っている。

+Major League Fishing
+成績

トッド・クラインが初日をリード/MLF Toyota Series Western Division 第1戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Western Division 第1戦が開幕を迎えた。トーナメントウォーターはアリゾナ州レイク・ハバス。この日のトップウエイトとなる22Lb1ozをウエイインしたのはトッド・クラインだった。クラインはこのレイクでガイド業を営んでおり。この水系の大会では数々の入賞歴を誇るローカルのエキスパートだ。以下、上位陣は2位ジェイソン・マーケス、3位マイク・ウィリアムズ、4位カイル・グローバー、5位カート・ドーブとなっている。日本人では児玉一樹が3Lb1ozで65位につけている。

+Major League Fishing
+成績

エリック・パンツィローニが連日の20Lb超えで首位を堅持/MLF Toyota Series Southern Division 第1戦:Day 2

 フロリダ州ハリスチェイン・オブ・レイクスで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Southern Division 第1戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のリーダー、エリック・パンツィローニは連日の20Lb超えとなる24Lb9ozをウエイイン。トータルウエイトを52Lb10ozとして首位をキープしている。以下、上位陣は2位ケニー・スティーブンソン、3位コリー・ジョンストン、4位ロン・ネルソン、5位タイラー・シェパードとなっている。

+Major League Fishing
+成績

エリック・パンツィローニが初日をリード/MLF Toyota Series Southern Division 第1戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota SeriesはSouthern Division 第1戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはフロリダ州ハリスチェイン・オブ・レイクス。大小さまざまなレイクが水路で連なるフロリダ州でもメジャーなフィールドだ。この日はなんと9名のアングラーが20Lb超えというハイウエイト合戦となった。トップウエイトとなる28Lb1ozをウエイインしたのはエリック・パンツィローニ。以下、上位陣は2位コリー・ジョンストン、3位ケン・トンプソン、4位ケニー・スティーブソン、5位チャド・ムラゼックとなっている。

+Major League Fishing
+成績

いないはずの人工交雑魚「クエタマ」が鹿児島湾で相次ぎ目撃 養殖場から逃げた? 生態系への影響危惧

 自然界に存在しないはずの魚が、鹿児島湾で相次ぎ目撃されている。専門家によると、高級魚のクエと、世界最大級のハタとして知られるタマカイを人工的に掛け合わせて誕生した交雑魚だ。養殖場から逃げ出した可能性が高いと考えられるが、詳細は分かっていない。自然繁殖する可能性も否定できず、専門家は生態系への影響を危惧する。

“いないはずの人工交雑魚「クエタマ」が鹿児島湾で相次ぎ目撃 養殖場から逃げた? 生態系への影響危惧” の続きを読む

立ち入り禁止なのに…釣り具絡まり死ぬ野鳥「マナー守って」

 「立ち入り禁止の池に釣り人が残したルアーや釣り糸がありました」。福岡市の女性から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に憤りの声が寄せられた。場所は今津干潟(西区)の近くにあるため池。取材を進めると、今津干潟で釣り具が脚に絡まり、死んでいる野鳥が発見された。コロナ禍で密を防ぐレジャーとして人気の釣りだが、地元住民は「干潟周辺には貴重な生き物も集まる。釣り人はマナーを守って」と呼びかけている。

“立ち入り禁止なのに…釣り具絡まり死ぬ野鳥「マナー守って」” の続きを読む