「たまずん」に川崎・多摩区特別住民票 「地元の魅力発信の一翼担って」

 川崎市多摩区の二ケ領せせらぎ館で飼育されている黄金色のナマズ「たまずん」に19日、同区から「特別住民票」が交付された。同区で特別住民票の交付は初めてで、藤井智弘区長は「区や多摩川の魅力発信の一翼を担ってもらいたい」と期待を込めた。

“「たまずん」に川崎・多摩区特別住民票 「地元の魅力発信の一翼担って」” の続きを読む

絶滅危惧のサラマンダーを救えるか、紙幣にもなったメキシコ文化を象徴する生物

 人気者の生息地を回復へ、住民の努力
 メキシコに、奇妙な両生類のラベルが貼られた地ビールがある。描かれているのは羽のようなエラを持つメキシコサラマンダー(アホロートル)、日本ではウーパールーパーの名でかつて人気を博した絶滅危惧種だ。

“絶滅危惧のサラマンダーを救えるか、紙幣にもなったメキシコ文化を象徴する生物” の続きを読む

ワカサギ釣っても食べないで/米軍・消火用水流出/条件付きで再開容認/三沢市

 米軍三沢基地から有害物資を含む消火用水が流出した可能性がある事態を受け、営業を中止した姉沼(青森県東北町)の氷上ワカサギ釣りについて、三沢市は14日、再開を了承すると発表した。釣った魚を食用にしないことが条件。ワカサギ釣りの運営団体「青森フィッシングガイド」が再開を要望していた。団体は「15日に再開する」と述べた。

“ワカサギ釣っても食べないで/米軍・消火用水流出/条件付きで再開容認/三沢市” の続きを読む

琵琶湖博物館で企画展「琵琶湖の虹が映える理由」 物理現象を分かりやすく解説

 琵琶湖で起こる自然現象について解説する企画展「琵琶湖の虹が映(ば)える理由(わけ)-湖の『なぜ』がわかる物理学-」が現在、琵琶湖博物館(草津市下物町)で開催されている。(びわ湖大津経済新聞)

“琵琶湖博物館で企画展「琵琶湖の虹が映える理由」 物理現象を分かりやすく解説” の続きを読む

アメリカザリガニ「飼育はOK」「放流は禁止」…新たな規制必要と答申

 環境に悪影響を及ぼす外来種のアメリカザリガニとアカミミガメ(ミドリガメ)について、環境相の諮問機関・中央環境審議会は11日、ペットとしての飼育や譲渡は認めつつ、輸入や放流、販売目的の飼育と譲渡を禁止する新たな規制が必要だと答申した。

“アメリカザリガニ「飼育はOK」「放流は禁止」…新たな規制必要と答申” の続きを読む

外来のコイ駆除進む 奄美大島  絶滅恐れのアユなど保護へ

 鹿児島県奄美大島の5市町村でつくる奄美大島自然保護協議会はこのほど、外来種のコイなど水生移入生物の駆除に関する2021年度の報告書をまとめた。島内4河川でコイやナイルティラピアなど4種138匹を確認し、捕獲した。報告書では絶滅危惧種のリュウキュウアユなどの保全に向けて、根絶に向けた駆除の継続と、外来種を川に放さないように住民への啓発を求めている。

“外来のコイ駆除進む 奄美大島  絶滅恐れのアユなど保護へ” の続きを読む

「日本でミカンが食べられなくなる日」コロナ禍に進む”知られざる重大危機”

 ここ数年で、人々は感染症や環境問題が人類に与える影響を強く意識するようになった。しかし「人間に迫るさらなる脅威がある」と指摘するのが、進化生物学者の宮竹貴久教授だ。自然は、人間が油断をしていると、ある日突然牙をむく。そんなリスクの1つが「虫」だという──。

“「日本でミカンが食べられなくなる日」コロナ禍に進む”知られざる重大危機”” の続きを読む