アライグマや強毒ヒアリ…まちに潜む外来生物知って 全国初、常設の展示センター開設へ 神戸・長田

 神戸市は、アライグマや強い毒を持つヒアリなど、市内で確認された外来生物を紹介する「外来生物展示センター」を、苅藻島クリーンセンター(同市長田区苅藻島町3)内に21日開設する。生きた個体や剥製、標本を集める予定で、市の担当者は「見学者に自分ごととして外来生物問題を考えてもらう施設になれば」と期待する。(名倉あかり)

“アライグマや強毒ヒアリ…まちに潜む外来生物知って 全国初、常設の展示センター開設へ 神戸・長田” の続きを読む

「早期発見、対策が重要」 モモや梅の害虫クビアカツヤカミキリ

 モモやスモモ、梅、サクラなどバラ科の樹木を食い荒らす外来の害虫、クビアカツヤカミキリの被害が和歌山県北部で広がっている。県は対策を研究すると同時に「早期の発見や対処が重要」と啓発に力を入れている。県果樹試験場かき・もも研究所(紀の川市)で対策を聞いた。 (湯川優史)

“「早期発見、対策が重要」 モモや梅の害虫クビアカツヤカミキリ” の続きを読む

カイル・ホールがPro Circuit初優勝/MFL Toyota Covercraft Pro Circuit 第6戦:Final

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されたMajor League Fishing Toyota Pro Circuit第6戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名でウエイトをリセットして競われた決勝戦。21Lb6ozをウエイインし、2位のジョン・カナダを1oz差で振り切ったのは予選を首位通過したカイル・ホールだった。ホールは今回がPro Circuit初優勝。ガーミンのライブスコープを駆使したというホールは水深14〜16ftを攻略、メインベイトはダウンショットリグのStrike King Baby Z-Tooだったと語っている。

+Major League Fishing
+成績

カイル・ホールが首位で決勝進出/MFL Toyota Covercraft Pro Circuit 第6戦:Day 3

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されているMajor League Fishing Toyota Pro Circuit第6戦はトーナメント3日めを終了。予選を通過した上位50名で競われた準決勝を首位で通過したのは初日のリーダー、カイル・ホールだった。以下、カイル・コルティアーナ、アンディ・ニューコーム、マット・ベッカー、ダコタ・エバーレ、スキート・リース、カート・ミッチェル、アレックス・デイビス、ジョン・カナダ、ジョーイ・シフエンテスが明日の決勝に進出を決めた。決勝はウエイトをゼロに戻しての競技となる。

+Major League Fishing
+成績

江尻悠真がTOP 50初優勝/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:Final

茨城県北浦で開催されたJB TOP 50はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位30名で競われたこの日も酷暑のタフコンディション。この日は30名中18名がウエイイン、リミットメイクは1名という状況。この唯一のリミットメイカーとなった今泉拓哉がこの日のトップウエイトとなる5,625gをウエイインして追い上げたが、トーナメントリーダーの江尻悠真もこの日5番手となる1,872gをウエイイン。トータルウエイト8,750gで今泉の猛追を振り切った江尻が、TOP 50ルーキーイヤーにして初優勝を達成した。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

カイル・コルティアーナが首位に浮上/MFL Toyota Covercraft Pro Circuit 第6戦:Day 2

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されているMajor League Fishing Toyota Pro Circuit第6戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のリーダー、カイル・ホールはこの日19Lb14ozをウエイイン。悪いウエイトではなかったものの、これを上回ったのは初日7位につけていたカイル・コルティアーナだった。この日のトップウエイトとなる22Lb2ozをウエイインしたコルティアーナはトータルウエイトを42Lb10ozとして首位に浮上、ホールは暫定2位となった。以下、上位陣は3位アンディ・ニューコーム、4位マット・ベッカー、5位カート・ミッチェルとなっている。小池貴幸は146位でのフィニッシュとなった。

+Major League Fishing
+成績

江尻悠真が首位で予選を通過/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:DAY 2

茨城県北浦で開催されているJB TOP 50はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出する上位30名が決定した。この日は参加49名中39名がウエイイン、リミットメイクは2名という状況。予選を首位で通過したのは初日を9位で終え、この日のトップウエイトとなる4,290gをウエイインした江尻悠真だった。以下、2位吉川永遠、3位小林明人、4位黒田健史、5位小森嗣彦という予選結果となった。なお、最終順位が決定するウエイト順は1位江尻悠真、2位小森嗣彦、3位黒田健史、4位吉川永遠、5位小林明人となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

カイル・ホールが初日をリード/MFL Toyota Covercraft Pro Circuit 第6戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Pro Circuitはシーズン最終戦となる第6戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはニューヨーク州レイク・シャンプレイン。スモールマウスをねらうか、ラージマウスをねらうかが大きな戦略の分かれ目となるフィールドだが、スモールマウスでこの日のトップウエイトとなる21Lb13ozをウエイインしたのはカイル・ホールだった。以下、上位陣は2位ケーシー・スキャンロン、3位エバン・バーンズ、4位アンディ・ニューコーム、5位コール・フロイドとなっている。日本人では小池貴幸が9Lb13ozで142位につけている。

+Major League Fishing
+成績

小森嗣彦が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:DAY 1

JB TOP 50が今シーズン第3戦の キックオフを迎えた。トーナメントウォーターは茨城県北浦。参加49名中35名がウエイイン、リミットメイクは2名という状況の中、トップウエイトとなる5,425gをマークしたのは小森嗣彦だった。以下、上位陣は2位黒田健史、3位吉川永遠、4位藤田京弥、5位市村修平となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS