花は綺麗でも“外来種”…池にはびこった『スイレン』の除去作業 複雑に絡み合い異臭も立ち込め参加者ら苦戦

 名古屋市千種区の池で、スイレンを抜く作業が行われました。見た目以上の重労働ですがなぜスイレンを抜いたのか、取材しました。

“花は綺麗でも“外来種”…池にはびこった『スイレン』の除去作業 複雑に絡み合い異臭も立ち込め参加者ら苦戦” の続きを読む

農業に深刻被害 外来水草95%超駆除も「油断禁物」 住民ら、根絶へ刈り取り作業 淡路・本田池

 兵庫県洲本市五色町都志米山の本田池(約1500平方メートル)で、農業などに深刻な被害を及ぼす外来水草ナガエツルノゲイトウの駆除が終盤に入った。今月3~6日の4日間、ボランティアを含む延べ約90人が刈り取り作業をした。2年前に見つかり、池全体に広がっていた。駆除は955%以上進んだが、住民グループは「根絶の確認まで時間がかかる。近くの水田でも見つかり、油断できない」とする。(荻野俊太郎)

“農業に深刻被害 外来水草95%超駆除も「油断禁物」 住民ら、根絶へ刈り取り作業 淡路・本田池” の続きを読む

釧路・春採湖のヒブナ、ギンブナと金魚の交雑種 DNAから判明

 北海道釧路市の春採湖に生息する緋色(ひいろ)の「ヒブナ」が、在来種のギンブナと約100年前に放流された金魚との交雑種であることが、京都大や釧路市立博物館などの共同研究グループのDNA分析で判明し、米科学誌「PLOS ONE」のオンライン版に掲載された。ヒブナはこれまでギンブナの突然変異で生まれたとされ、春採湖は「ヒブナの生息地」として国の天然記念物にも指定されている。

“釧路・春採湖のヒブナ、ギンブナと金魚の交雑種 DNAから判明” の続きを読む

ビオトープを住民が再生 富山市新庄小創立150年

 富山市新庄小学校は、敷地内にあるビオトープ「新庄の森」を再生させた。管理が行き届いていなかったため、小川の水が濁ったり、雑草が茂ったりと、長年荒れた状態だった。創立150周年を機に住民が協力して、自然に親しむことができる場所へと復活させた。

“ビオトープを住民が再生 富山市新庄小創立150年” の続きを読む

セアカゴケグモ、石川で1年ぶり確認 子どもは咬まれるとまれに重症化する恐れ

 石川県は9日、宝達志水町内で、神経毒のある特定外来生物「セアカゴケグモ」の雌1匹が見つかり、駆除されたと発表した。県内での発見は11例目で、昨年11月16日以来1年ぶり。子どもや高齢者がかまれるとまれに重症化する恐れもあるため、県は注意喚起している。

“セアカゴケグモ、石川で1年ぶり確認 子どもは咬まれるとまれに重症化する恐れ” の続きを読む

地球上最悪の侵略植物「ナガエツルノゲイトウ」 淡路島の池で大量繁殖 農作物に悪影響の恐れ 人間VS植物 出口の見えない戦い

 淡路島の池で「地球上最悪」とも呼ばれる植物が繁殖し、農産物に悪影響を及ぼす恐れがでています。そこで、大規模な駆除作戦が行われました。

“地球上最悪の侵略植物「ナガエツルノゲイトウ」 淡路島の池で大量繁殖 農作物に悪影響の恐れ 人間VS植物 出口の見えない戦い” の続きを読む

外来種アメリカザリガニ、ウシガエル 親水公園脅かす 環境カウンセラーと市民が駆除活動「生態系や環境、地域単位で考えて」 志布志・有明

 鹿児島県志布志市有明町蓬原の蓬の郷親水公園一帯で、外来生物のアメリカザリガニやウシガエルが繁殖している。捕獲・駆除に取り組む環境省環境カウンセラーで、県外来動植物対策推進員の窪健一さん(73)=同市=は、在来種を脅かす状況に警鐘を鳴らし「身の回りの生態系や環境を地域単位で考えてほしい」と訴える。

“外来種アメリカザリガニ、ウシガエル 親水公園脅かす 環境カウンセラーと市民が駆除活動「生態系や環境、地域単位で考えて」 志布志・有明” の続きを読む

12年ぶり!池の水ぜんぶ抜いて天日干し 大宮公園の舟遊池、ボランティアらが奮闘 数万匹の生物を捕獲

 埼玉県は3、4日、さいたま市大宮区の大宮公園で舟遊池の水質浄化を目的として、池の水をくみ出して生物を捕獲し天日干しする「かい掘り」を12年ぶりに開催した。県から委託を受けたNPO法人、生態工房(東京都武蔵野市)や事前研修を受けたボランティアリーダー、当日参加のボランティアなど約300人が参加した。

“12年ぶり!池の水ぜんぶ抜いて天日干し 大宮公園の舟遊池、ボランティアらが奮闘 数万匹の生物を捕獲” の続きを読む