福山港でヒアリ1万匹、国内過去最多…ベトナムで積まれたコンテナから

 環境省は2日、広島県福山市の福山港で荷揚げされたコンテナから、強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが1万匹以上見つかったと発表した。国内で見つかったヒアリの数としては過去最多という。

“福山港でヒアリ1万匹、国内過去最多…ベトナムで積まれたコンテナから” の続きを読む

外来生物問題を「まずは知って、考えるきっかけに」 神戸・外来生物展示センター 来年には施設の拡充も

 農作物を食い荒らすアライグマや、メダカを捕食するオオクチバスなど、全国で「外来生物」の問題が深刻となっているなか、神戸市長田区の「外来生物展示センター」では、農作物被害や、生態系への影響を及ぼしている外来生物問題の啓発活動に力を入れている。

“外来生物問題を「まずは知って、考えるきっかけに」 神戸・外来生物展示センター 来年には施設の拡充も” の続きを読む

青木唯が連日のトップウエイトで自身初のクラシックチャンプに/JB Japan Super Bass Classic 2022: Final

 山梨県河口湖で開催されJB Japan Super Bass Classic 2002はトーナメントの全日程を終了。この日は参加47名中31名がウエイイン、リミットメイカーは1名という状況。初日に8,780gウエイインしてトーナメントをリードした青木唯はこの日3尾のウエイインながら6,020gのトップウエイトをマーク。連日のトップウエイト、トータルウエイト14,800gという完全試合で自身初となるクラシック制覇を果たした。以下、2位藤田京弥、3位小林翼、4位冨沢真樹、5位野村俊介という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

カイル・ホールが優勝/MLF Toyota Series Championship:Final

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Championshipはトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのカイル・ホールはこの日のトップウエイトとなる20Lb8ozをウエイイン。トータルウエイトを59Lb1ozとして他を寄せることなく優勝を果たした。メインベイトは6th Sense Divine SwimbaitsとDamiki Vault Blade Baitsだったと語っている。

+Major League Fishing
+成績

青木唯が初日のトップウエイトをマーク/JB Japan Super Bass Classic 2022: Day 1

 JBトーナメントにおける2022シーズンの総決算、JB Japan Super Bass Classic が山梨県河口湖で開幕を迎えた。参加47名中39名がウエイイン、リミットメイカーは8名という状況の中、5尾で8,780gというトップウエイトをマークしたのは青木唯。近年の河口湖で圧倒的な成績を収めており、この日もその強さを見せつけた。以下、上位陣は2位小林翼、3位冨沢真樹、4位藤田京弥、5位原田匠となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

カイル・ホールが首位に浮上/MLF Toyota Series Championship:Day 2

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Championshipはトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、トッド・キャッスルダインはこの日17Lb1ozとペースダウンし2位に後退、暫定首位に躍り出たのは初日7位につけていたカイル・ホールだった。この日18Lb9ozをウエイインしたホールはトータルウエイトを38Lb9ozとしている。以下、上位陣は3位スカウト・エコールズ、4位マット・ワイティハ、5位マーシャル・ロビンソンとなっている。日本人では桐山孝太郎が25位でのフィニッシュとなっている。

+Major League Fishing
+成績

トッド・キャッスルダインが初日をリード/MLF Toyota Series Championship:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series はシーズンの総決算となるとなるチャンピオンシップがキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはアラバマ州レイク・ガンターズビル。この日のトップウエイトとなる21Lb3ozをウエイインしたのはトッド・キャッスルダインだった。以下、上位陣は2位タイ・フェーバー、3位スカウト・エコールズ、4位トリスタン・マコーミック、5位マーク・ラサグニーとなっている。日本人では桐山孝太郎が17Lb1ozで22位につけている。

+Major League Fishing
+成績

淀川水系に北陸の淡水魚確認 タナゴの仲間、意図的な放流か

 大阪府の淀川水系で、本来は北陸や山陰に生息するタナゴの仲間「ミナミアカヒレタビラ」を確認したと龍谷大、岐阜大などのチームが27日までに発表した。国内の別の地域から持ち込まれた「国内外来生物」で、意図的に放流されたとみられる。チームは「在来種の減少を招く。安易な放流はしないで」と訴える。

“淀川水系に北陸の淡水魚確認 タナゴの仲間、意図的な放流か” の続きを読む

ザリガニとカエルで「外来生物ラーメン」 山形 食べる駆除協力広がる

 ラムサール条約登録湿地の山形県鶴岡市の大山上池・下池で駆除された外来生物のウシガエルとアメリカザリガニを、地元の飲食店が活用する取り組みが広がっている。元々は食用として国内に入ったにもかかわらず、なじみが薄く普及しなかった。ここ数年、フランス料理の一品やラーメンに使われて身近な食材となり、提供する店舗が増加。売り上げの一部は駆除に充てられ、持続可能な環境保全のサイクルとして注目されている。

“ザリガニとカエルで「外来生物ラーメン」 山形 食べる駆除協力広がる” の続きを読む