天然記念物のカメ2種を「人為的交配」か 沖縄で雑種発見、遺伝子汚染の可能性

 国指定天然記念物のリュウキュウヤマガメとセマルハコガメの雑種とみられるカメが今年に入って沖縄県内で2匹見つかった。リュウキュウヤマガメは沖縄本島北部や渡嘉敷島、久米島、セマルハコガメは石垣島や西表島を本来の生息域としており、何らかの人の手が加わったとみられる。識者は人為的な影響で在来種の遺伝子が損なわれる「遺伝子汚染」が進むと警鐘を鳴らす。

“天然記念物のカメ2種を「人為的交配」か 沖縄で雑種発見、遺伝子汚染の可能性” の続きを読む

大阪でヒアリ1000匹以上 集団形成で女王アリも 人工島「咲洲」で

 大阪府は28日、大阪市住之江区の人工島「咲洲(さきしま)」で8~9月、強毒の外来種「ヒアリ」1000匹以上を確認したと発表した。コロニー(集団)も形成されており、女王アリ4匹も見つかった。府内での発見は2017年7月に大阪港で初確認されて以来11例目。

“大阪でヒアリ1000匹以上 集団形成で女王アリも 人工島「咲洲」で” の続きを読む

セアカゴケグモに注意 富山で7~8月3匹確認

■県外、かまれたケースも
 神経毒を持つ特定外来生物「セアカゴケグ」の発見が、富山市内で相次いでいる。7~9月に3匹が立て続けに確認され、県内での確認は2017年以降10例となった。国内では、半袖などの薄着になる6~10月にかまれるケースが報告されている。県は「見つけたら自治体に連絡してほしい」と呼び掛けている。

“セアカゴケグモに注意 富山で7~8月3匹確認” の続きを読む

ペット化した外来種の規制と生態系…みんなが考えるべきことは?

 TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月~金曜7:00~)。8月18日(水)放送のFLAG NEWSでは、環境省が検討に入った「外来種規制」について取り上げました。

“ペット化した外来種の規制と生態系…みんなが考えるべきことは?” の続きを読む

コディ・ホイルが優勝/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Final

 ノースカロライナ州レイク・ノーマンで開催されたB.A.S.S. Southern Open第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのコディ・ホイルは3尾で9Lb2ozとペースダウンしたものの、前日までのリードが功を奏して逃げ切りで優勝。トータルウエイトは40Lb4ozだった。日本人で唯一ファイナルに進出した松下雅幸は10Lb5ozをウエイイン。トータルウエイト33Lb6ozで5位でのフィニッシュとなった。Opens AOYの上位3名が来期Elite Seriesに昇格となるが、現在、Opens AOYでは青木大介が4位、松下が5位(共に1088ポイントだが青木のほうが今期上位でフィニッシュしているため上位となる)につけている。

+B.A.S.S.
+成績

アンドリュー・ロバーグが優勝/MLF Toyota Series Western Division 第3戦:Final

 アリゾナ州レイク・ハバスで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Western Division第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのアンドリュー・ロバーグは大会を通じてのヘビエストウエイトとなる21Lb11ozをウエイイン。トータルウエイトを59Lb14ozとして、他を寄せ付けず優勝を果たした。ロバーグはカリフォルニア・デルタで開催された第2戦でも優勝しており、これでシーズン2連勝。日本人では児玉一樹が8位でフィニッシュしている。

+Major League Fishing
+成績

コディ・ホイルが首位に浮上、松下雅幸が4位でファイナルへ/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Day 2

 ノースカロライナ州レイク・ノーマンで開催されているB.A.S.S. Southern Open第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、ブレイク・スミスはこの日リミットメイクできず大きく後退。代わって首位に立ったのは、この日16Lb9ozをウエイインしてトータルウエイトを31Lb2ozとしたコディ・ホイルだった。以下、上位陣は2位ジョーイ・ナニア、3位クリスチャン・ショダ、そして初日19位につけていた松下雅幸がトータルウエイト23Lb1ozで4位へと順位を上げてファイナル進出。5位にはコール・サンズがつけている。このほか日本人アングラーでは青木大介が27位、北大祐が147位、加藤誠司が152位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

アンドリュー・ロバーグが首位に浮上、児玉一樹が決勝進出/MLF Toyota Series Western Division 第3戦:Day 2

 アリゾナ州レイク・ハバスで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Western Division第3戦はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、マイク・ウィリアムズは17Lb3ozをウエイインするも2位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたアンドリュー・ロバーグだった。以下、上位陣は3位ロイ・ホーク、4位ランディ・マカビー Jr.、5位マーク・ウィリアムズとなっている。日本人では児玉一樹がトータルウエイト26Lb13ozで8位となり決勝進出を決めている。

+Major League Fishing
+成績

ブレイク・スミスが初日をリード/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Southern Openはシーズン最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはノースカロライナ州レイク・ノーマン。ラージマウスバスとスポッテッドバスが生息しており、サイズのよいラージマウスを混ぜられるかがキーのひとつになる。この日のトップウエイトとなる15Lb7ozをウエイインしたのはブレイク・スミス。以下、上位陣は2位コディ・ホイル、3位チャーリー・ハートリー、4位クリスチャン・ショダ、5位ジョニー・ビガーとなっている。日本人アングラーでは松下雅幸が11Lb3ozで19位、青木大介が4尾ながら10Lb8ozで32位、加藤誠司が5Lb5ozで128位、北大祐が2Lb8ozで166位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

マイク・ウィリアムズが初日をリード/MLF Toyota Series Western Division 第3戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Western Divisionはシーズン最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはアリゾナ州レイク・ハバス。コロラド・リバー水系のリザーバーで、レイク・パウエルやレイク・ミードの下流にあたるフィールドだ。この日のトップウエイトとなる20Lb9ozをウエイインしたのはマイク・ウィリアムズだった。以下、上位陣は2位アンドリュー・ロバーグ、3位ロイ・ホーク、4位ランディ・マカビー Jr.、5位ローガン・ハンツェとなっている。日本人では児玉一樹が14Lbで11位につけている。

+Major League Fishing
+成績