ジャニーズWEST・濱田崇裕 バス釣りで東京から琵琶湖に通う理由「目の前の3億は欲しいですよね!?」

 「ジャニーズWEST」の濱田崇裕(33)が29日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演。友達付き合いに影響するほど、釣りに没頭していることを明かした。

“ジャニーズWEST・濱田崇裕 バス釣りで東京から琵琶湖に通う理由「目の前の3億は欲しいですよね!?」” の続きを読む

ハクチョウ受難、くちばしに釣り糸絡まる 保護試みるも難航 仙台・与兵衛沼

 仙台市宮城野区の与兵衛沼で、釣り糸が絡まったオオハクチョウの幼鳥が見つかった。21日も糸は口や首に複雑に巻き付き、くちばしが開きにくそうに見える。首を振るしぐさを何度も繰り返している。

“ハクチョウ受難、くちばしに釣り糸絡まる 保護試みるも難航 仙台・与兵衛沼” の続きを読む

クロマグロ釣りに漁獲の上限設定へ シラスウナギも流通管理を強化

 水産庁は19日、次期水産基本計画の原案を明らかにした。国際的な資源管理が続くクロマグロについて、レジャーの釣り(遊漁)にも漁業と同じように漁獲可能量(TAC)を設ける方針を盛り込んだ。シラスウナギ(ニホンウナギの稚魚)は、流通の透明性を高める法規制の対象にするとした。水産物の自給率目標も大幅に引き上げる方針だ。

“クロマグロ釣りに漁獲の上限設定へ シラスウナギも流通管理を強化” の続きを読む

「淡水魚かよ」冷ややかな視線を横目に自慢の料理でグランプリ…琵琶湖の漁師、男泣き

 琵琶湖の漁師・中村清作さん(36)  滋賀県高島市マキノ町の海津漁港を拠点に、琵琶湖の魚を取る漁師だ。海の魚に比べ、淡水魚に苦手意識を持つ人は少なくない。「負の印象を一掃したい」と料理コンテストに挑むなど、湖魚の魅力のアピールに力を注いできた。

“「淡水魚かよ」冷ややかな視線を横目に自慢の料理でグランプリ…琵琶湖の漁師、男泣き” の続きを読む

アーロン・マーテンスが49歳で逝去

アメリカを代表するトーナメントアングラーの1人であるアーロン・マーテンス(Aaron Martens)が逝去した。膠芽腫を患っていたマーテンスは19ヶ月にわたり闘病を続けていたが、11月4日にアラバマ州の病院で帰らぬ人となった。1972年8月4日にカリフォルニアで誕生したマーテンスはこれまでに291のトーナメントに参戦、通算300万ドル以上の賞金を獲得。近年はBass Pro TourなどMajor League Fishingに活躍の場を移していたが、B.A.S.S.時代にはアングラーオブザイヤーを3度獲得。バスマスタークラシックにも20回出場するなど、若くしてレジェンドと呼ばれる活躍で知られていた。

+Three-time Angler of the Year Aaron Martens passes away by B.A.S.S.

スタンレー・ジグの生みの親、ロニー・スタンレーが逝去

 スタンレー・ジグや同ブランドのスピナーベイトなど、数々のルアーの生みの親として知られるロニー・スタンレー(Lonnie Stanley)が8月20日に癌のため逝去した。享年76歳。1945年テキサス生まれのスタンレーはB.A.S.S.トーナメント優勝2回、バスマスタークラシック出場5回を誇るトーナメントアングラーであり、1980年にスタンレー・ジグを創業したルアーデザイナーでもあった。彼のルアーは世界中で愛され、その功績により2012年にはテキサス・フレッシュウォーター・フィッシングによって殿堂入りの表彰がなされている。彼のルアーは日本のバスフィッシング界にも多大な影響を与えており、黎明期におけるフリッピングにおいてスタンレーのフリッピングジグは定番中の定番とも呼べる存在だった。

+Texas legend Lonnie Stanley passes away – BASSMASTER

「釣りキチ三平」作者がコロナ禍に発信した「ガマン」のメッセージ 評伝作者が語るマンガ家・矢口高雄さんの素顔

 2020年11月、マンガ家の矢口高雄さんが亡くなった。「釣りキチ三平」「マタギ」など自然と人間とをテーマに扱った代表作は特に今でも人気が高い。

“「釣りキチ三平」作者がコロナ禍に発信した「ガマン」のメッセージ 評伝作者が語るマンガ家・矢口高雄さんの素顔” の続きを読む