世界遺産の島の特定外来生物「シロアゴガエル」がなかなか減らない…初確認から1年、住民巻き込み「バスターズ」作戦

 鹿児島県徳之島で特定外来生物シロアゴガエルの生息が確認されて、1年がたった。自然保護に取り組むNPO法人「徳之島虹の会」や国などが駆除を進めるが、生息数は増加傾向にあるとみられる。同会は今年の活動を正念場と捉え、根絶に向け住民への周知に力を入れる。

“世界遺産の島の特定外来生物「シロアゴガエル」がなかなか減らない…初確認から1年、住民巻き込み「バスターズ」作戦” の続きを読む

うじゃうじゃ甲羅干し ほとんどが外来ガメ、和歌山・田辺地方の水辺

 初夏を迎え、和歌山県田辺市やその周辺の水辺では、カメが甲羅干しをしている。しかし、その大半が特定外来生物(条件付き)のミシシッピアカミミガメ。他のカメを圧倒しているようだ。

“うじゃうじゃ甲羅干し ほとんどが外来ガメ、和歌山・田辺地方の水辺” の続きを読む

カミツキガメ根絶へ 印旛沼流域で今年も捕獲スタート 特定外来生物、かまれると大けがも

 印旛沼流域で繁殖し、農業への被害や生態系への影響が懸念される特定外来生物の「カミツキガメ」の根絶に向け、千葉県は毎年恒例の捕獲事業を始めた。17日、佐倉市内で本年度初めてわなを回収し2匹を捕獲した。生息数は減少傾向にあるとされるが、捕獲を止めるとすぐに繁殖するため、県生物多様性センターは「積極的な駆除を続けたい」としている。

“カミツキガメ根絶へ 印旛沼流域で今年も捕獲スタート 特定外来生物、かまれると大けがも” の続きを読む

アリゲーターガー捕獲、富山 ペット用か、外来の肉食魚

 富山県と魚津水族館(同県魚津市)は21日、富山市今市の田んぼ跡地の水たまりで特定外来生物の肉食魚「アリゲーターガー」を捕獲した。発見場所につながる水路などがなかったことから、県はペットとして飼われていた個体が放されたとみている。

“アリゲーターガー捕獲、富山 ペット用か、外来の肉食魚” の続きを読む

25万匹中1匹だけ…コバルトブルーのビワマス 養殖業者「初めて」

 滋賀県醒井養鱒(さめがいようそん)場(米原市上丹生)で鮮やかなコバルトブルーになった琵琶湖固有種のビワマスが公開されている。突然変異で青くなったとみられるが、ほかのビワマスに交じって元気に泳いでいる。

“25万匹中1匹だけ…コバルトブルーのビワマス 養殖業者「初めて」” の続きを読む

中国で絶滅したはずのオオサンショウウオ、実は日本で飼われていた 京都大学などの調査で判明

 本来の生息地である中国南部では絶滅したと考えられていた「スライゴオオサンショウウオ」が日本国内で飼育されていることが、京都大などの研究グループの調査で分かった。オオサンショウウオの交雑問題を調べるために集めた個体の遺伝子解析で判明し、保護計画も浮上している。

“中国で絶滅したはずのオオサンショウウオ、実は日本で飼われていた 京都大学などの調査で判明” の続きを読む

「ご当地サーモン」山形で無断放流、開発元「どうなるかは、まったくわからない」

 みんなが大好きな寿司ネタ、サーモン。今年1月に(株)しんげんが行った『回転寿司ネタ人気ランキング』の調査でも、2位のマグロを大きく離して1位に輝いている。

“「ご当地サーモン」山形で無断放流、開発元「どうなるかは、まったくわからない」” の続きを読む

「サクラマスとは違う魚が釣れた」 山形県が定めるマニュアルに反し「ニジサクラ」の幼魚放流

 山形県が開発したブランドマスニジサクラの生産を担う県水産振興協会が、県が定めるマニュアルに反し、ニジサクラの幼魚およそ1000匹を鶴岡市の赤川に放流していたことが分かりました。県は、ニジサクラには生殖能力がないものの生態系への影響は否定できないとしています。

“「サクラマスとは違う魚が釣れた」 山形県が定めるマニュアルに反し「ニジサクラ」の幼魚放流” の続きを読む