金沢城公園 外来カメムシ確認、駆除

 金沢城公園で昨年に続いて外来種のカメムシ「シタベニハゴロモ」が確認され、石川県金沢城・兼六園管理事務所が駆除を進めている。2009年から県内で生息域を広げており、同公園では昨年初めて見つかっていた。シタベニハゴロモが吸った場所から樹液がしたたって、来園者に当たる恐れもある。職員は「来園者に迷惑を掛けたくないが、捕獲が追いつかない」と対応に苦慮している。

“金沢城公園 外来カメムシ確認、駆除” の続きを読む

指定外来種に6種追加 鹿児島県 ミシシッピアカミミガメなど

 2019年度の鹿児島県環境審議会自然環境部会(部会長・星野一昭鹿児島大学産官学地域共創センター特任教授、委員9人)が9日、鹿児島市の県青少年会館であり、県の「指定外来動植物による被害防止条例」の対象に6種(植物4種、動物2種)、「希少野生動植物の保護条例」の対象に3種(いずれも植物)を追加する指定案を承認した。奄美関係は外来種がミシシッピアカミミガメなど3種で、希少種はアキザキナギランのみ。いずれも県内他地域でも確認されている。県への答申や指定案の告示を経て、年度内の正式指定となる見込み。

“指定外来種に6種追加 鹿児島県 ミシシッピアカミミガメなど” の続きを読む

小島貴・早乙女剛チームが優勝/W.B.S. Pro Tournament 第2戦:Final

 茨城県霞ヶ浦で開催されたW.B.S. Pro Tournament 第2戦がはトーナメントの全日程を終了。初日のトップウエイトをマークした小島貴・早乙女剛チームはこの日も好調を維持。前日を上回る4505gをウエイインし、トータルウエイト8720gで優勝を果たした。以下、上位陣は2位橋本卓哉・高橋朋也チーム、3位タイに今井新・鈴木幹往チームと赤羽修弥・金井啓起チーム、5位関和学・清水和也チームという結果となった。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。
+W.B.S.onLINE

近藤健広が優勝/JB マスターズ第4戦“ダイワCUP”:Final

 長野県野尻湖で開催されたJBマスターズシリーズ第4戦“シマノCUP”はトーナメントの全日程を終了。初日のトップウエイトをマークした近藤健広は連日のトップウエイトとなる4280gをウエイイン。文句なしの優勝を飾った。以下、上位陣は2位鬼形毅、3位室町雄一郎、4位藤田夏輝、5位冨沢真樹という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。
+NBCNEWS

松下雅幸が返り咲きでB.A.S.S.戦初優勝/B.A.S.S. Central Open 第2戦:Final

 テキサス州サム・レイバン・リザーバーで開催されたB.A.S.S. Central Openはトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位12名で競われたこの日、トーナメントリーダーのダロルド・グリーソンは8Lb11ozとウエイトを伸ばせず5位に後退。このチャンスをものにしたのは、初日にトップウエイトをマークした松下雅幸だった。この日2番手のウエイトとなる17Lb15ozをウエイインした松下はトータルウエイトを60Lb14ozとし、返り咲きでB.A.S.S.戦初優勝を達成した。これにより来年3月にテキサス州レイク・レイ・ロバーツで開催されるバスマスタークラシックの出場権を獲得している。
+BASS
+成績

ジェームス・モーピンが逆転優勝/FLW Series Eastern Division 第2戦:Final

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されたFLW Series Eastern Division第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのウェイン・ボーンは6Lb4ozとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは前日まで2位につけていたジェームス・モーピンだった。この日のトップウエイトとなる13Lb13ozをウエイインしたモーピンはトータルウエイトを40Lb11ozとして逆転優勝を果たした。モーピンのメインベイトは3/8ozのターミネータースピナーベイト。2日めはズームのファットアルバートツインテールグラブをセットしたV&Mスイムジグを併用したと語っている。
+FLW
+成績

小島貴・早乙女剛チームが初日をリード/W.B.S. Pro Tournament 第2戦:Day 1

 W.B.S. Pro Tournament 第2戦が茨城県霞ヶ浦でキックオフを迎えた。2dayトーナメントの初日となったこの日、4115gをウエイインしてトーナメントリーダーとなったのは小島貴・早乙女剛チーム。以下、上位陣は2位小島貴・津田和昭チーム、3位赤羽修弥・金井啓起チーム、4位橋本卓哉・高橋朋也チーム、5位長岡正孝・小田朋樹チームとなっている。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。
+W.B.S.onLINE

近藤健広が初日のトップウエイトをマーク/JB マスターズ第4戦“ダイワCUP”:Day 1

 JBマスターズシリーズは第4戦“ダイワCUP”が長野県野尻湖でキックオフを迎えた。新型コロナウイルスの影響で第2戦が延期となったため、今大会は実質3戦めとなる。この日5425gというトップウエイトをマークしたのは近藤健広だった。以下、上位陣は2位皆葉勝美、3位青木唯、4位林晃大、5位小林信義となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。
+NBCNEWS

ダロルド・グリーソンが首位に浮上、松下雅幸は2位で決勝進出/B.A.S.S. Central Open 第2戦:Day 2

 テキサス州サム・レイバン・リザーバーで開催されているB.A.S.S. Central Openはトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位12名が決定した。初日にトップウエイトをマークした松下雅幸はこの日15Lb5ozをウエイイン。トータルウエイトを42Lb15ozとし、2位でファイナルに進出している。この日気を吐いたのは初日15位につけていたダロルド・グリーソン。2日めのトップウエイトとなる27Lb1ozをウエイインし、トータルウエイト44Lb4ozで暫定首位に浮上している。このほか、上位陣は3位ジョシュ・ダグラス、4位ブライアン・ショット、5位キース・コームスという顔ぶれ。日本人アングラーでは北嶋一輝が51位、木村建太が54位、青木大介が93位、伊豫部健が162位でのフィニッシュとなった。
+BASS
+成績