スペンサー・シャフィールドがグループAの暫定首位に/MLF BASS PRO TOUR 第1戦:Day 1

 今シーズンのMLF BASS PRO TOURがテキサス州サムレイバン・リザーバーで開幕を迎えた。グループAの予選初日となるQualifying Round Day1が開催されたこの日、29Lb12ozをマークして首位に立ったのは今シーズンがBPTデビューとなるスペンサー・シャフィールド。トータルフィッシュは9、最大魚は5Lb8ozというスタッツ。以下、上位陣は2位ダスティン・コーネル、3位ケビン・バン・ダム、4位オット・デフォー、5位エドウィン・エバースとなっている。明日はグループBの予選初日が開催され、大森貴洋と深江真一が出場する。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

コビー・クレイガーが首位をキープ/B.A.S.S. Elite Series 第3戦:Day 2

 アラバマ州ピックウィック・レイクで開催されているB.A.S.S. Elite Series第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のリーダー、コビー・クレイガーは前日よりペースが落ちたものの19Lb15ozをウエイイン。トータルウエイトを45Lb11ozとして首位をキープしている。以下、上位陣は2位ビル・ローウェン、3位スコット・マーティン、4位ブロック・モズリー、5位バディ・グロスとなっている。日本人では木村建太が54位、宮崎友輔が61位、伊藤巧が64位となりセミファイナル進出を逃している。
+B.A.S.S.
+成績

コビー・クレイガーが初日をリード/B.A.S.S. Elite Series 第3戦:Day 1

 二度の延期の後、ようやくB.A.S.S. Elite Seriesは第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはアラバマ州ピックウィック・レイク。この日のトップウエイトとなる25Lb12ozをウエイインしたのはコビー・クレイガーだった。この日のキッカーはスモールマウスバスだったが、特に狙ったのではなく、どちらも同じように釣れてきたと語っている。以下、上位陣は2位バディ・グロス、3位ビル・ローウェン、チャド・ピプケンスとクリス・ザルディーンが4位タイとなっている。日本人では木村建太が13Lb12ozで41位タイにつけたほか、伊藤巧が13Lb5ozで46位、宮崎友輔が7Lb14ozで70位につけている。
+B.A.S.S.
+成績

ジョーダン・トンプキンスが初優勝/MLF Toyota Series Southern Division 第2戦:Final

 フロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクスで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Southern Division 第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、初日から独走状態のジョーダン・トンプキンスは18Lb3ozをウエイイン。トータルウエイトを65Lbとし、2位に12Lb8oz差で自身初となる優勝を果たした。彼の父ティミーはかつてFLW Tourに出場していたが優勝経験はない。19歳の息子が早々に優勝を飾ったことで、会場に駆けつけた父も笑顔を見せていた。トンプキンスのメインベイトはラパラDT10、Z-Manのセンテッドジャックシャッズをトレーラーに使用したエバーグリーンのジャックハンマー、メガバスのビジョン110だったと語っている。
+Major League Fishing
+成績

ジョーダン・トンプキンスが首位をキープ/MLF Toyota Series Southern Division 第2戦:Day 2

 フロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクスで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Southern Division 第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、ジョーダン・トンプキンスは15Lb7ozをウエイイン。初日よりペースダウンしたものの、トータルウエイトを46Lb13ozとして首位をキープ。全体的にウエイトが落ちたこともあり、依然として2位に11Lb以上の差をつけてファイナルに臨むこととなった。以下、上位陣は2位ジェフリー・ハーパー、3位クリスチャン・グレイコ、4位スティーブン・イーストマン、5位マイケル・コンリーとなっている。
+Major League Fishing
+成績

ジョーダン・トンプキンスが初日のトップウエイトをマーク/MLF Toyota Series Southern Division 第2戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota SeriesはSouthern Division 第2戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはフロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクス。この日のトップウエイトとなる31Lb6ozをウエイインしたのは19歳の若手ジョーダン・トンプキンスだった。初日にして2位に11Lb以上の差をつけるビッグウエイトをマークしたトンプキンス。「グッドサイズが出るスポットは分かっていた。ただ、いきなりそこで不発だと心が折れると思って、まずはジャークベイトで素早くリミットメイクした。それから落ち着いてキッカーをねらいに行ったよ」と語っている。以下、上位陣は2位クリスチャン・グレイコ、3位テリー・ルードク、4位スティーブン・イーストマン、5位ジェフリー・ハーパーとなっている。
+Major League Fishing
+成績

「天国の木」という名の侵略的外来種 菌は駆除のカギとなるか

 欧州で「天国の木(tree of heaven)」という名で知られるニワウルシ(Ailanthus anltissima)。葉軸の左右に羽状に葉を茂らせる中国原産の落葉樹で、樹皮は薄い灰色、赤や黄色に色づく種は夕焼けを思わせる。その名の通り美しい木だ。

“「天国の木」という名の侵略的外来種 菌は駆除のカギとなるか” の続きを読む