カール・ジョカムセンが初日をリード、伊藤巧は14位スタート/B.A.S.S. Elite Series 第7戦:Day 1

 B.A.S.S. Elite Seriesは第7戦が開幕した。トーナメントウォーターはサウスカロライナ州サンティー・クーパー・レイクス。レイクスの名のとおり、サンティー・クーパーはレイク・マリオンとレイク・モートリーという水路で繋がった2つの湖の総称である。この日のトップウエイトとなる25Lb8ozをウエイインしたのはカール・ジョカムセン。初日にして2位に4Lb7oz差をつける絶好のスタートを切った。以下、上位陣は2位ブランドン・パラニューク、3位オースティン・フェリックス、4位フランク・タリー、5位デビッド・マリンズとなっている。伊藤巧はこの日15Lb9ozをウエイインして14位と、まずまずの順位につけている。
+B.A.S.S.
+成績

コリー・クックが初日をリード/FLW TOYOTA Series Plains Division 第2戦:Day 1

 FLW TOYOTA Series Plains Divisionは第2戦が開幕を迎えた。トーナメントウォーターはミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークス。この日のトップウエイトとなる23Lb9ozをウエイインしたのはコリー・クック。なんと、初日にして2位に6Lb以上の差をつけるビッグウエイトとなった。「20Lbあれば上出来だと思っていたので、このウエイトには驚いたよ」というクック。ディープもシャローもねらったが、キッカーとなった2尾の5パウンダーは超シャローでキャッチしたと語っている。以下、上位陣は2位シェーン・ロング、3位ローソン・ヒブドン、4位アンディ・ニューコーム、5位ジェイク・モリスとなっている。なお、日本人では小池貴幸が11Lb10ozで29位につけている。
+FLW
+成績

「アフリカツメガエル」が大繁殖…国立公園で“池の水を全て抜く”捕獲作戦 in 和歌山

 豊かな自然に囲まれた和歌山県田辺市の国立公園で、外来種の「アフリカツメガエル」が大繁殖。危機感を募らせた地元の人たちは、池の水を全て抜く、大がかりな捕獲作戦を始めました。徹底した駆除を進める背景には、何があるのでしょうか?

“「アフリカツメガエル」が大繁殖…国立公園で“池の水を全て抜く”捕獲作戦 in 和歌山” の続きを読む

カミキリ被害木325本 すでに年間の最多更新 足利

 特定外来生物、クビアカツヤカミキリによる足利市内の被害木が、今年に入りすでに過去最多の325本に及んでいることが市環境政策課のまとめで分かった。現時点で昨年1年間の1・7倍以上に達しており、被害が急速に拡大している。

“カミキリ被害木325本 すでに年間の最多更新 足利” の続きを読む

アングラーズアイドル2021「第12代アングラーズアイドルオーディション」を開催中/釣りフェスティバス

21idol.jpg 例年、パシフィコ横浜で開催されている「釣りフェスティバル」。2021年は新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して中止が決定しているが、2021年1月23〜24日の2日間、初の「オンライン開催」を実施する。また、今回で12回めとなる「アングラーズアイドル」についてもオーディションを開催している。

“アングラーズアイドル2021「第12代アングラーズアイドルオーディション」を開催中/釣りフェスティバス” の続きを読む

フランク・タリーが逆転優勝/B.A.S.S. NOCO Bassmaster Elite 第6戦:Final

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されたB.A.S.S. Elite Series第6戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのウェズ・ローガンは11Lb14ozとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは前日まで6位につけていたフランク・タリーだった。首位と約3Lb差で臨んだこの日、タリーはトップウエイトとなる18Lb2ozをウエイイン。トータルウエイトを64Lb3ozとして5人抜きでの逆転優勝を果たした。メインベイトはストライクキングの1/2ozサンダークリケットで、同じくストライクキングのレイジスイマーをトレーラーとして使用。また、ストライクキングのブレードミノーも併用したと語っている。
+B.A.S.S.
+成績

ウェズ・ローガンが首位でファイナルへ/B.A.S.S. NOCO Bassmaster Elite 第6戦:Day 3

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているB.A.S.S. Elite Series第6戦はトーナメント3日めを終了。予選を通過した上位40名で競われたこの日、トーナメントリーダーのブランドン・コブは10Lb1ozとウエイトを伸ばせず9位に後退。代わって首位に立ったのは前日まで2位につけていたウェズ・ローガンだった。この日16Lb2ozをウエイインしたローガンはトータルウエイトを49Lbとし、2位に1Lb2ozの差をつけて明日のファイナルに臨むこととなった。以下、上位陣は2位ランディ・サリバン、3位ルーク・パルマー、4位カイル・ウェルチャー、5位ステットソン・ブレイロックとなっている。40位で予選を通過した伊藤巧はこの日4尾で8Lb13ozをウエイイン。トータルウエイト30Lb5ozで39位でのフィニッシュとなった。
+B.A.S.S.
+成績

ブランドン・コブが首位に浮上、伊藤巧は準決勝進出/B.A.S.S. NOCO Bassmaster Elite 第6戦:Day 2

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているB.A.S.S. Elite Series第6戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位40名が決定した。初日のリーダー、カイル・ウェルチャーはこの日12Lb4ozとウエイトを伸ばせず4位に後退。変わって首位に立ったのはこの日17Lb11ozをウエイインしたブランドン・コブだった。「非常にタフだよ。今日は4回のビッグバイトがあったが、1尾ロストしてしまった」と語ったコブはトータルウエイトを34Lb11ozとしている。以下、上位陣は2位ウェズ・ローガン、3位スコット・カンターブリー、5位セス・フェイダーとなっている。伊藤巧はこの日10Lb4ozをウエイインして40位タイとなったが、同重量の場合は単日ウエイトが上の者が上の順位となるため明日のゼミファイナル進出が決定している。
+B.A.S.S.
+成績

カイル・ウェルチャーが初日をリード、伊藤巧は44位スタート/B.A.S.S. NOCO Bassmaster Elite 第6戦:Day 1

 B.A.S.S. Elite Seriesは第6戦が開幕した。トーナメントウォーターはアラバマ州レイク・ガンターズビル。テネシー・リバー水茎のリザーバーで、数々のメジャートーナメントが開催されている。この日のトップウエイトとなる19Lb5ozをウエイインしたのはカイル・ウェルチャー。このレイクではほとんど釣りをした経験がないというルーキーイヤーのウェルチャーはこの日さまざまなベイトを使ったと語っており、ウエイインした魚も3つのベイトでキャッチしたという。以下、上位陣は2位ランディ・サリバン、3位チャド・モーガンセラー、4位ジョン・コックス、5位デビッド・マリンズとなっている。伊藤巧はこの日11Lb4ozをウエイインして44位につけている。
+B.A.S.S.
+成績