希少種の保護に新数理モデル リュウキュウコノハズクの個体の減少傾向を解明 北大大学院チーム

 南大東島に生息するリュウキュウコノハズクの個体数動態を推測する数理モデルを北海道大学大学院の研究チームが開発し、雌の生存率が他のフクロウ類より低く、個体数が減少傾向にあることを解明した。従来のモデルにはなかった性比の偏りを考慮することで、絶滅に近い生物種など、小さな個体群の保全に役立てられるという。国際学術雑誌「ポピュレーションエコロジー」に22日、オンライン掲載された。

“希少種の保護に新数理モデル リュウキュウコノハズクの個体の減少傾向を解明 北大大学院チーム” の続きを読む

ポケモンの釣り具人気 焼津のメーカーで完売、5月末に次回注文

 焼津市の釣り具メーカーデュオが人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターをデザインしたルアー(疑似餌)を発売し、今月2日の予約注文開始から数日で完売した。5月末から次回生産分の注文を受け付ける。

“ポケモンの釣り具人気 焼津のメーカーで完売、5月末に次回注文” の続きを読む

被害2倍に…サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」、埼玉で飛び回り拡大 さらに防除を

 埼玉県環境科学国際センターは、特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」による県内のサクラなど樹木の被害が2020年度(2月末現在)は16市町420カ所で確認されたと発表した。被害箇所が19年度の206カ所(12市町)から約2倍に拡大している。

“被害2倍に…サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」、埼玉で飛び回り拡大 さらに防除を” の続きを読む

エバン・バーンズが優勝/MLF Toyota Series Southwestern Division 第2戦:Final

 オクラホマ州レイク・テキソーマで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Southwestern Division 第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのエバン・バーンズは13Lbをウエイイン。トータルウエイトを42Lb10ozとして初日から首位を譲ることなく優勝を果たした。水深10ftより浅い場所にあるブラッシュをねらい、メインベイトはDUOのRealis Apex Vibeとケイテックのスイングインパクトファット3.3inを使用したBlack’s Custom Luresの1/4oz A-リグだったと語っている。
+Major League Fishing
+成績

エバン・バーンズが首位をキープ/MLF Toyota Series Southwestern Division 第2戦:Day 2

 オクラホマ州レイク・テキソーマで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Southwestern Division 第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、エバン・バーンズはこの日4尾のウエイインながら12Lb15ozをウエイイン。トータルウエイトを29Lb10ozとして依然首位をキープしている。以下、上位陣は2位ブレーク・シュローダー、3位クリストファー・テンプル、4位チャド・ムラゼック、5位ビリー・クラインとなっている。
+Major League Fishing
+成績

オット・デフォーが優勝/MLF BASS PRO TOUR 第1戦:Final

 テキサス州サムレイバン・リザーバーで開催されたMLF BASS PRO TOUR第1戦は大会の全日程を終了。予選を勝ち抜いた10名によって競われたこの日、30Lb2ozで優勝を飾ったのはオット・デフォー。勝負はルーク・クラウセンとのデッドヒートとなったが、3Lb弱の差をつけて完勝。トータルフィッシュは13、最大魚は2Lb15ozというスタッツだった。レイク・フォークで開催された昨年の第3戦に続いてテキサス戦を制したデフォー。今回はクランクベイト、スピナーベイト、ブレーデッドジグ、ワッキーワーム、さらにスイムジグとさまざまなルアーを駆使しての優勝だった。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

エバン・バーンズが初日をリード/MLF Toyota Series Southwestern Division 第2戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota SeriesはSouthwestern Division 第2戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはオクラホマ州レイク・テキソーマ。この日のトップウエイトとなる16Lb11ozをウエイインしたのはエバン・バーンズだった。「メインに使ったのはアラバマリグとビッグベイト。スモースマウスもラージマウスも同じように釣れた」と語っている。以下、上位陣は2位トミー・ディッカーソン、3位ジャスティン・パティ、4位マイケル・ウェブ、5位ブレーク・シュローダーとなっている。
+Major League Fishing
+成績

ジャスティン・ルーカスが準決勝を首位通過/MLF BASS PRO TOUR 第1戦:Day 5

 テキサス州サムレイバン・リザーバーで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦は大会5日めを終了。この日はグループAとBの上位19名ずつ、38名による準決勝、Knockout Roundが開催された。首位で決勝への切符を手にしたのはジャスティン・ルーカス、トータルウエイトは36Lb13oz、トータルフィッシュは9、最大魚は6Lb7ozというスタッツ。以下、クリフ・ペイス、ルーク・クラウセン、ジェフ・スプラーグ、トミー・ビッフル、ボビー・レイン、マーク・デイビス、クリフ・コロシュが決勝へ進出。グループA首位のオット・デフォー、同じくB首位のジェラルド・スポーラーを加えた10名で明日のChampionship Roundが競われる。なお、深江真一は12位、大森貴洋は22位で決勝進出を逃している。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ジェラルド・スポーラーが首位通過。深江真一、大森貴洋も準決勝進出/MLF BASS PRO TOUR 第1戦:Day 4

 テキサス州サムレイバン・リザーバーで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦は大会4日めを終了。この日はグループBの予選最終日となるQualifying Round Day2が開催された。首位で決勝への切符を手にしたのはジェラルド・スポーラー。2日間のトータルウエイトは50Lb、トータルフィッシュは15、最大魚は7Lbというスタッツだった。ランドール・サープが続いて2位に入り、3位にジャンプアップしたのが初日22位の深江真一。この日11尾で31Lb12ozを追加、トータルウエイトを43Lb13ozとした。以下、4位マーク・ダニエルス Jr.、5位ブレント・エーラーという順位。初日25位だった大森貴洋も19Lb8ozを追加、トータルウエイトを29Lb1ozとして15位に順位を上げセミファイナル進出を決めている。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

オット・デフォーがグループAを首位通過/MLF BASS PRO TOUR 第1戦:Day 3

 テキサス州サムレイバン・リザーバーで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦は大会3日めを終了。この日はグループAの予選最終日となるQualifying Round Day2が開催された。首位で決勝への切符を手にしたのは初日4位につけていたオット・デフォーだった、2日間のトータルウエイトは59Lb11oz、トータルフィッシュは25、最大魚は3Lb8ozというスタッツ。以下、上位陣は2位ダスティン・コーネル、3位スペンサー・シャフィールド、4位ウェズリー・ストレイダー、5位ケビン・バン・ダムとなっている。2位から20位までの19名は5日めの準決勝に進出。明日はグループBの予選最終日が開催され、深江真一(暫定22位)と大森貴洋(暫定25位)が出場する。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING