絶滅危機の貴重な生物を紹介する企画展「増える生き物 減る生き物」 幻の魚・ヤマノカミも展示【武雄市】

 身の回りで増えている外来種や、絶滅の危機にある貴重な生物などを紹介する企画展が武雄市の県立宇宙科学館で開かれています。

“絶滅危機の貴重な生物を紹介する企画展「増える生き物 減る生き物」 幻の魚・ヤマノカミも展示【武雄市】” の続きを読む

カメを駆除してレンコン復活 親子ら収穫体験、揚げた天ぷらに舌鼓 高砂

 正月のおせち料理の食材として重宝されるレンコンの収穫体験が12日、兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀の皿池であった。親子連れら約200人が参加。スコップを手に、泥まみれになりながら汗を流し、その場で揚げた天ぷらを試食していた。

“カメを駆除してレンコン復活 親子ら収穫体験、揚げた天ぷらに舌鼓 高砂” の続きを読む

児童ら、豊かな自然体感 マングースバスターズが浜辺で出前授業 赤徳小

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の町立赤徳小学校(土岐邦寿校長、児童98人)で12日、奄美マングースバスターズの出前授業があった。メンバーの山室一樹さん(60)らが講師となり、5年生12人が学校近くの浜辺を散策して生き物と触れ合い、身近にある豊かな自然を体感した。

“児童ら、豊かな自然体感 マングースバスターズが浜辺で出前授業 赤徳小” の続きを読む

2021年「釣りフェスティバル」はオンラインで開催

 新型コロナウィルスの影響でリアルイベントとしての開催が中止となった2021年の「釣りフェスティバル」。釣り文化の発展と維持、また多くの釣りファンの期待に応えるためにフェスティバル始まって以来の「オンライン開催」が実施されることになった。

“2021年「釣りフェスティバル」はオンラインで開催” の続きを読む

移動博物館がやってきた 喜界町  郷土の自然環境に理解深める

 鹿児島県立博物館(鈴木敏之館長)の移動博物館事業「博物館がやってきたin喜界町」が、26日から喜界町役場コミュニティーセンターで開催されている。会場には鹿児島の天然記念物や貴重な生物の剥製、喜界島の動植物などの自然資料、恐竜の化石などが展示され、訪れた小中学生らが興味深そうに見入っていた。29日まで。

“移動博物館がやってきた 喜界町  郷土の自然環境に理解深める” の続きを読む

希少動植物の観察楽しむ 奄美大島でウオーキングイベント

 鹿児島県奄美大島中南部の奄美中央林道で23日、エコツアーガイドが案内するウオーキングイベントがあった。約20人が参加し、11キロの山道を歩いて希少な動植物の観察を楽しんだ。環境省の重点対策外来種に指定されているセイタカアワダチソウの除去作業も行い、身近な自然と環境保全に理解を深めた。

“希少動植物の観察楽しむ 奄美大島でウオーキングイベント” の続きを読む