ランディ・ディーバーが初日をリード/MLF Toyota Series Southwestern Division 第3戦:Day 1

Major League Fishing Toyota Series Southwestern Division第3戦が開幕を迎えた。トーナメントウォーターはテキサス州サムレイバン・リザーバー。初日のトップウエイトとなる23Lb5ozをウエイインしたのはランディ・ディーバーだった。「14Lbいけばまずまずだと思っていたので、このウエイトは上出来だよ」と語っている。以下、2位ブライアン・ショット、3位マーシャル・ヒューズ、4位ジャック・ヨーク、5位キャル・キャメロンとなっている

+Major League Fishing
+成績

ウェズリー・ストレイダーが首位で決勝進出/MLF BASS PRO TOUR 第4戦:Day 5

 ミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークスで開催されているMLF BASS PRO TOURは第4戦はトーナメント5日めを終了。この日は準決勝となるKnockout Roundが開催された。この日のトップウエイトとなる34Lb2ozをマークしたのはウェズリー・ストレイダー。トータルフィッシュは11、最大魚は4Lb10ozというスタッツだった。以下、アンディ・モーガン、スティーブン・ブローニング、ディーン・ロハス、ケリー・ジョーダン、ジョナサン・バンダム、マーク・ローズ、ジェレミー・ロイヤーが決勝に進出。深江真一は34位で準決勝敗退となった。明日は予選首位のジェシー・ウィギンスとジェイコブ・ウィーラーを加えた10名による決勝戦、Championship Roundが開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

ジェイコブ・ウィーラーが首位をキープして決勝進出/MLF BASS PRO TOUR 第4戦:Day 4

 ミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークスで開催されているMLF BASS PRO TOURは第4戦はトーナメント4日めを終了。この日はグループBの予選最終日となるQualifying Round Day2が開催された。初日のトップウエイトをマークしていたジェイコブ・ウィーラーはこの日ペーシダウンしたものの16Lb9ozをマーク。2日間のトータルウエイトを64Lb2ozとして首位をキープし決勝進出。以下、上位陣は2位キース・ポシェ、3位スティーブン・ブローニング、4位ザック・バージ、5位ジェレミー・ロイヤーとなっている。明日は各グループ2〜20位によるKnockout Roundが開催され、上位8名が決勝戦Championship Roundに進出する。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

ジェシー・ウィギンスが首位で決勝進出、深江真一が準決勝進出/MLF BASS PRO TOUR 第4戦:Day 3

 ミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークスで開催されているMLF BASS PRO TOUR 第4戦はトーナメント3日めを終了。この日はグループAのQualifying Round Day1が開催され、決勝に進出する上位1名と準決勝に進出する2位から20名までが決定した。首位で決勝進出を決めたのは初日7位につけていたジェシー・ウィギンス。2日間のトータルウエイト63Lb4oz、トータルフィッシュは24、最大魚は3Lb9ozというスタッツだった。以下、上位陣は2位アルトン・ジョーンズ Jr.、3位アルトン・ジョーンズ、4位4位ジョーダン・リー、5位ショウ・グリズビーとなっている。初日33位の深江真一はこの日10尾で32Lb1ozと猛チャージをかけ、11位に浮上し準決勝進出。初日10位の大森貴洋はこの日1尾に終わり予選敗退となった。明日はグループBのQualifying Round Day2が開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

ジェイコブ・ウィーラーがグループBをリード/MLF BASS PRO TOUR 第4戦:Day 2

 ミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークスで開催されているMLF BASS PRO TOURは第4戦はトーナメント2日めを終了。この日はグループBの予選初日となるQualifying Round Day1が開催された。トップウエイトとなる47Lb9ozをマークしたのはジェイコブ・ウィーラー。トータルフィッシュは15、最大魚は4Lb3ozというスタッツだった。以下、上位陣は2位ジェームス・ワトソン、3位ブランドン・コールター、4位ジェレミー・ロイヤー、5位スティーブン・ブローニングとなっている。明日はグループAのQualifying Round Day2が開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

ショウ・グリズビーがグループAの暫定首位に、大森貴洋は10位、深江真一は33位発進/MLF BASS PRO TOUR 第4戦:Day 1

 MLF BASS PRO TOURは第4戦が開幕を迎えた。トーナメントウォーターはミズーリ州レイク・オブ・ジ・オザークス。グループAの予選初日となるQualifying Round Day1が開催されたこの日、37Lb15ozをマークして首位に立ったのはベテランのショウ・グリズビーだった。トータルフィッシュは14、最大魚は4Lb13ozというスタッツ。以下、上位陣は2位アルトン・ジョーンズ、3位ブレント・エーラー、4位ジョーダン・リー、5位アルトン・ジョーンズ Jr.となっている。大森貴洋は22Lbで10位、深江真一は8Lb3ozで33位につけている。明日はグループBのQualifying Round Day1が開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

ジェフ・レイノルズが逆転優勝/MLF Toyota Series Plains Division 第2戦:Final

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Plains Division第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日のファイナル、トーナメントリーダ=のニッキー・パーソンズは2尾のウエイインとなり優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは前日まで6位につけていたジェフ・レイノルズだった。今季からPro Circuitに出場しているレイノルズがこの日のトップウエイトとなる18Lb3ozをウエイイン、トータルウエイトを54Lb2ozとして5人抜きでの逆転優勝している。

+Major League Fishing
+成績

ブライアン・グライアーが逆転優勝/MLF Toyota Series Western Division 第2戦:Final

 カリフォルニア州クリア・レイクで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Western Division第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日、トーナメントリーダーのカイル・グローバーは15Lb15ozとウエイトを伸ばせず3位に後退。ここで気を吐いたのは前日まで6位につけていたブライアン・グライアーだった。この日のトップウエイトとなる21Lb12ozをウエイインしたグライアーが、トータルウエイトを58Lb5ozとして5人抜きでの逆転優勝を果たしている。

+Major League Fishing
+成績

ニッキー・パーソンズが首位でファイナルへ/MLF Toyota Series Plains Division 第2戦:Day 2

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Plains Division第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のトップウエイトをマークしたジェレミー・ジョンソンはウエイトを伸ばせず3位に後退。代わって首位に立ったのは連日の20Lbオーバーをウエイインしたニッキー・パーソンズだった。初日3位につけていたパーソンズはこの日21Lb15ozをウエイイン。トータルウエイトを42Lb5ozとしている。以下、上位陣は2位ケイド・オースブリー、4位イル・シュータ、5位マイケル・ハーリンとなっている。

+Major League Fishing
+成績

カイル・グローバーが首位に浮上/MLF Toyota Series Western Division 第2戦:Day 2

 カリフォルニア州クリア・レイクで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Western Division第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のリーダー、リッキー・シャバーズはこの日ウエイトを伸ばせず3位に後退。代わって首位に立ったのは初日4位につけていたカイル・グローバーだった。この日19Lb3ozをウエイインしたグローバーはトータルウエイトを38Lb10ozとしている。以下、上位陣は2位スコット・マッケンジー、4位ジョシュア・アダムズ、5位ダニエル・アンドルサティースとなっている。日本人では児玉一樹が69位で大会を終えている。

+Major League Fishing
+成績