クリス・ジョンストンが優勝/MLF Toyota Series Northern Division 第2戦:Final

 ニューヨーク州セントローレンス・リバーで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのクリス・ジョンストンは大会を通じてのヘビエストウエイトとなる27Lb6ozをウエイイン。トータルウエイトを77Lb15ozとして、他を寄せ付けない強さを見せつけての優勝となった。また、2位には兄のコリー・ジョンストンが入り、兄弟でのワンツーフィニッシュを達成。なお、コ・アングラー部門では日本人の潮栄が優勝を果たしている。

+Major League Fishing
+成績

クリス・ジョンストンが連日の25Lb超えでビッグリード/MLF Toyota Series Northern Division 第2戦:Day 2

 ニューヨーク州セントローレンス・リバーで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第2戦はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出す上位10名が決定した。初日にトップウエイトをマークしたクリス・ジョンストンはこの日も好調をキープ。連日の25Lb超えとなる25Lb2ozをウエイインし、トータルウエイトを50Lb9ozとしている。2位には兄のコリー・ジョンストンがつけており、兄弟でのワンツーフィニッシュに期待がかかる。以下、上位陣は3位ジャスティン・アトキンス、4位ジョナサン・ロブラ、5位マット・ベッカー、5位ブレント・クロウとなっている。

+Major League Fishing
+成績

クリス・ジョンストンが初日をリード/MLF Toyota Series Northern Division 第2戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Northern Division は第2戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはニューヨーク州セントローレンス・リバー。28名が20Lbオーバーをウエイインするという活況の中、この日のトップウエイトとなる25Lb7ozをウエイインしたのはクリス・ジョンストンだった。以下、上位陣は2位ジャスティン・アトキンス、3位コリー・ジョンストン、4位マット・ベッカー、5位ブランドン・マークスとなっている。

+Major League Fishing
+成績

ジミー・ワーシャムが優勝/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Final

 ウィスコンシン州ミシシッピ・リバーで開催されたMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit TITLEはトーナメントの全日程を終了。大会最終日となるこの日は予選を勝ち抜いた10名による決勝戦、“Championship Round”が開催された。この決勝で17Lb15ozをウエイインして優勝を飾ったのは、ジミー・ワーシャムだった。これまでにBFLとTOYOTAシリーズの優勝経験があるものの、トップカテゴリーでの優勝は今回が初。朝の時間帯にはAzuma Popper ZやBlack Bass Tackleの “BRD”バズベイトを使い、その後はシェイキーヘッド、ネコリグとフィネスな釣りを展開してこのウエイトをマークした。

+Major League Fishing
+成績

ミッチ・クレーンが首位で準決勝を通過/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Day 5

 ウィスコンシン州ミシシッピ・リバーで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit TITLEはトーナメント5日めを終了。この日は各グループの予選を勝ち抜いた18名(2〜10位、首位は準決勝免除)による準決勝“Knockout Round”が開催された。15Lb15ozをウエイインして首位で決勝に進出したのはミッチ・クレーン。以下、スキート・リース、ジミー・ワーシャム、ボビー・レイン、ジョシュア・ウィーバー、ザック・バージ、ジャスティン・ルーカス、ジミー・リースが決勝に進出。グループプA首位のマイルス・バーゴフ、同じくB首位のエイドリアン・アビーナを加えた10名で明日の決勝“Championship Round”が競われる。

+Major League Fishing
+成績

エイドリアン・アビーナがグループB首位で決勝へ/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Day 4

 ウィスコンシン州ミシシッピ・リバーで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit TITLEはトーナメント4日めを終了。この日はグループB予選最終日が開催された。首位で決勝進出を決めたのは2日間で29Lb6ozをウエイインしたエイドリアン・アビーナ。以下、ジェアード・マクミラン、ミッチ・クレーン、ボビー・レイン、スキート・リース、ジミー・リース、マシュー・ステファン、ジャスティン・ルーカス、コディ・メイヤー、ディラン・ヘイズが準決勝に進出する。深江真一は21位で敗退となった。

+Major League Fishing
+成績

マイルス・バーゴフがグループAを首位通過/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Day 3

 ウィスコンシン州ミシシッピ・リバーで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit TITLEはトーナメント3日めを終了。この日はグループA予選最終日が開催された。首位で決勝進出を決めたのは2日間で26Lb8ozをウエイインしたマイルス・バーゴフ。以下、ザック・バージ、コール・フロイド、カート。ミッチェル、ジミー・ワーシャム、ライアン・ザイズマン、アレックス・デイビス、デビッドウォーカー、マイク・マクリーランド、ジョシュア・ウィーバーが準決勝へ進出する。

+Major League Fishing
+成績

エイドリアン・アビーナがグループBの暫定首位に/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Day 2

 ウィスコンシン州ミシシッピ・リバーで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit TITLEはトーナメント2日めを終了。この日はグループB予選初日が開催された。トップウエイトとなる15Lb12ozをウエイインしたのはエイドリアン・アビーナ。以下、上位陣は2位ジェアード・マクミラン、3位ミッチ・クレーン、4位ジミー・リース、5位ローソン・ヒブドンとなっている。深江真一は3尾のウエイインにとどまり6Lb5ozで19位と厳しいスタートとなった。

+Major League Fishing
+成績

マイク・マクリーランドがグループAの暫定首位に/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit TITLE:Day 1

 Major League Fishing Tackle Warehouse Pro CircuitはチャンピオンシップとなるTITLEが開幕を迎えた。トーナメントウォーターはウィスコンシン州ミシシッピ・リバー。年間上位48名に加え前年の優勝者とAOYを加えた計50名で競われ、BPTと同様に2つのグループによる予選を経た準決勝と決勝で競われる。この日はグループA予選初日が開催され、トップウエイトとなる13Lb12ozをウエイインしたのはマイク・マクリーランド。以下、上位陣は2位アレックス・デイビス、3位コール・フロイド、4位ライアン・サルツマン、5位タイ・オーとなっている。深江真一は明日のグループB予選初日に出場する。

+Major League Fishing
+成績

ジェイコブ・ウィーラーが2戦連続、今季3勝めをマーク/MLF BASS PRO TOUR 第6戦:Final

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されているMLF BASS PRO TOUR 第6戦はトーナメントに全日程を終了。この日は予選を勝ち抜いた19名による決勝戦Championship Round”が開催された。この決勝を88Lb2ozで制したのは第5戦を制しているジェイコブ・ウィーラー。トータルフィッシュ27、最大魚4Lb15ozというスタッツだった。2連続優勝はBPT史上初。ウィーラーは今季第2戦でも優勝しており、6戦中3勝、勝率5割という驚異的な成績を収めている。

+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING