ハリー・リンジンビグラーが5人抜きでの逆転優勝/MLF Toyota Series Northern Division 第1戦:Final

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第1戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日、トーナメントリーダーのロッド・マッキノンは12Lb5ozと大きくウエイトを伸ばせず3位に後退。このチャンスをものにしたのは、前日まで6位につけていたハリー・リンジンビグラーだった。大会を通じてのヘビエストウエイトとなる20Lb14ozをウエイインしたリンジンビグラーは、トータルウエイトを52Lb13ozとして5人抜きでの逆転優勝。メインベイトはスイムジグとZ-Man Evergreen Jack Hammerだったと語っている。

+Major League Fishing
+成績

ロッド・マッキノンが首位に浮上/MLF Toyota Series Northern Division 第1戦:Day 2

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第1戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のリーダー、ジェフ・コーブルはこの日9Lb8ozとウエイトを伸ばせず大きく後退。代わって首位に立ったのは初日4位につけていたロッド・マッキノンだった。ここまでのトップウエイトとなる20Lb7ozをウエイインしたマッキノンはトータルウエイトを38Lb9ozとしている。以下、上位陣は2位ロバート・ヘンダーソン、3位マーティー・ロビンソン、4位ウィル・ディーフェンバウチ、5位ロブ・ジョンソンとなっている。

+Major League Fishing
+成績

ジェフ・コーブルが初日をリード/MLF Toyota Series Northern Division 第1戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Northern Divisionが今シーズンの開幕戦を迎えた。トーナメントウォーターはメリーランド州ポトマック・リバー。さまざまなメジャートーナメントが開催されている米国きっての有名フィールドだ。この日のトップウエイトとなる20Lb5ozをウエイインしたのはジェフ・コーブルだった。以下、上位陣は2位ジェレミー・ゴールド、3位ロバート・ヘンダーソン、4位ロッド・マッキノン、5位ビンセント・パスティツィとなっている。

+Major League Fishing
+成績

ニック・ルブランがPro Circuit 2連勝/MFL Toyota Stop 5 Pro Circuit 第5戦:Final

 バージニア州ジェームズ・リバーで開催されたMajor League Fishing Toyota Stop 5 Pro Circuit第5戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名によってウエイトをリセットして競われたこの日、トップウエイトとなる17Lb9ozをウエイインしたのは3日めまでトーナメントをリードしていたニック・ルブランだった。ルブランは先月開催された第4戦でも優勝を飾っており、Pro Circuit 2連勝を達成。2008年のブレット・ハイト、2017年のマーク・ローズに続いて、ルブランはこのカテゴリーでシーズン中に2連勝を達成した3人めのアングラーとなった。

+Major League Fishing
+成績

ニック・ルブランが首位に浮上/MFL Toyota Stop 5 Pro Circuit 第5戦:Day 3

 バージニア州ジェームズ・リバーで開催されているMajor League Fishing Toyota Stop 5 Pro Circuit第5戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日からトーナメントをリードしてきたグレー・バックはこの日8Lb14ozとウエイトを伸ばせず11位に後退。代わって首位に立ったのは前日まで10位につけていたニック・ルブランだった。この日16Lb6ozをウエイインしたルブランはトータルウエイトを47Lb11ozとしている。以下、上位陣は2位ブラクストン・セッツァー、3位ミッチ・クレーン、4位マーティン・ビラ、5位ジョン・コックスとなっている。明日はウエイトをリセットしての競技となる。

+Major League Fishing
+成績

グレー・バックが首位をキープ/MFL Toyota Stop 5 Pro Circuit 第5戦:Day 2

 バージニア州ジェームズ・リバーで開催されているMajor League Fishing Toyota Stop 5 Pro Circuit第5戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のリーダー、グレー・バックはこの日15Lb2ozをウエイイン。ペースダウンしたもののトータルウエイトを21Lb3ozとして依然首位をキープしている。以下、上位陣は2位ヤコポ・ガレーリ、3位ダコタ・エバーレ、4位マイケル・ニール、5位トム・モンスーアとなっている。日本人では小池貴幸が107位でのフィニッシュとなった。

+Major League Fishing
+成績

グレー・バックが初日をリード/MFL Toyota Stop 5 Pro Circuit 第5戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Stop 5 Pro Circuitは第5戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはバージニア州ジェームズ・リバー。154名のプロ全員がリミットメイクというグッドコンディションの中。この日のトップウエイトとなる21Lb3ozをウエイインしたのはグレー・バックだった。以下、上位陣は2位ダコタ・エバーレ、3位クリス・グロー、4位チャド・ウォーレン、5位タイラー・ウールコットとなっている。日本人では小池貴幸が8Lb13ozで137位タイにつけている。

+Major League Fishing
+成績

ルーキー、ライアン・サルズマンがBPT初制覇/MLF BASS PRO TOUR 第5戦:Final

 テネシー州ワッツバー・レイクで開催されたMLF BASS PRO TOUR第5戦はトーナメントの全日程を終了。予選を勝ち抜いた10名で競われたChampionship Roundを制したのは、ルーキーイヤーのライアン・サルズマンだった。トータルウエイト24Lb3ozでジェイコブ・ウィーラーを11oz差でかわしてのBPT初優勝を果たした。この日キャッチした魚の合計は13尾、最大魚が2Lb10ozというスタッツ。サルズマンのメインベイトは4.5inのロボワームで、1/8ozシンカーを使用したダウンショットリグだった。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

マーク・デイビスが首位で決勝へ、大森貴洋は9位でフィニッシュ/MLF BASS PRO TOUR 第5戦:Day 5

 テネシー州ワッツバー・レイクで開催されているMLF BASS PRO TOUR第5戦はトーナメント5日めを終了。この日はA、B各グループの2〜20位、計38名による準決勝Knockout Roundが開催され、決勝に進出する上位8名が決定した。首位で決勝進出を決めたのは10尾で25Lb12ozをマークしたベテランのマーク・デイビス。以下、ランドール・サープ、ライアン・サルズマン、ジェイコブ・ウィーラー、ダコタ・エバーレ、ブレント・エーラー、フレッチャー・シュライオック、アルトン・ジョーンズが決勝に進出。大森貴洋は1Lb2oz及ばず、惜しくも9位でのフィニッシュとなった。明日はA、Bグループ予選首位のケビン・バンダムとデビッド・ウォーカーを加えた10名による決勝戦、Championship Roundが開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表

デビッド・ウォーカーが首位で決勝進出/MLF BASS PRO TOUR 第5戦:Day 4

 テネシー州ワッツバー・レイクで開催されているMLF BASS PRO TOUR第5戦はトーナメント4日めを終了。この日はグループBの予選最終日となるQualifying Round Day 2が開催された。初日のリーダー、ブライアン・スリフトは14Lb9ozとペースダウンし3位に後退。代わって首位に立ったのは初日5位につけていたデビッド・ウォーカーだった。この日11尾で23Lb10ozをマークし、トータルウエイト45Lb11ozで首位となり決勝へ進出。以下、上位陣は2位クラビオン・ジョーンズ、4位オット・デフォー、5位スコット・サッグスとなった。明日は各グループの2〜20位による準決勝、Knockout Roundが開催される。

+MAJOR LEAGUE FISHING
+成績表