伊藤巧、大逆転でElite Series初優勝/B.A.S.S. Elite Series 第9戦:Final

 ニューヨーク州セントローレンス・リバーで開催されたB.A.S.S. Elite Series第9戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのコリー・ジョンストンは19Lb6ozとウエイトを伸ばせず4位に後退。このチャンスをものにしたのは、暫定7位で決勝に駒を進めた伊藤巧だった。大会を通じてのトップウエイトとなる26Lbをウエイインした伊藤は、トータルウエイトを90Lbとして6人抜きの大逆転でElite Series初優勝を達成。片道2時間のドライブで見つけたスポットを“Taku Disneyland”と名付け、日本で身につけたテクニックを駆使したという伊藤。メインベイトはダウンショットリグのエコギア・アクアスイムシュリンプと、ダウンショットリグのノリーズ・ラッテリーとバークレイ・ヒットワームだったと語っている。

+B.A.S.S.
+成績

スティーブン・エステスが逆転優勝

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第1戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのブライアン・スリフトは16Lb12ozとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは、前日まで2位につけていたスティーブン・エステスだった。この日のトップウエイトとなる21Lb15ozをウエイインしたエステスがトータルウエイトを61Lb3ozとして逆転優勝。「プラクティスの際から、他人が狙わないようなパターンを探していた」というエステスのメインベイトはHawg Teaserというハンドメイドのソフトベイトでダウンショットリグで使用したと語っている。

+Major League Fishing
+成績

コリー・ジョンストンが首位に浮上、伊藤巧が7位で決勝進出/B.A.S.S. Elite Series 第9戦:Day 3

 ニューヨーク州セントローレンス・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第9戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。トーナメントリーダーのバーニー・シュルツはこの日16Lb15ozと大きくウエイトを伸ばせず5位に後退。代わって首位に立ったのは前日まで3位につけていたコリー・ジョンストンだった。この日23Lb1ozをウエイインしてジョンストンはトータルウエイトを68Lb10ozとしている。以下、上位陣は2位ジャスティン・アトキンス、3位クリス・ジョンストン、3位コリー・ジョンストン、4位クラーク・ウェンドラントとなっている。日本人では伊藤巧が23Lb3ozを追加、トータルウエイトを64Lbとし7位に順位を上げて決勝進出。宮崎友輔は43位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

ブライアン・スリフトが暫定首位に/MLF Toyota Series Northern Division 第1戦:Day 2

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Northern Division第1戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。この日、暫定首位に立ったのは前日首位タイのウエイトをマークしていたブライアン・スリフト。この日19Lb7ozをウエイインしたスリフトがトータルウエイチを39Lb13ozとしている。以下、上位陣は2位スティーブン・エステス、3位ブライアン・ラベル、4位マット・ベッカー、5位とトーマス・ラビクトール Jr.が同ウエイトでトップタイとなっている。以下、上位陣は3位4位ジェイソン・ベーコン、5位ダコタ・エバーレ、5位JJ・ジャッドとなっている。

+Major League Fishing
+成績

バーニー・シュルツが首位をキープ、伊藤巧が11位にジャンプアップ/B.A.S.S. Elite Series 第9戦:Day 2

 ニューヨーク州セントローレンス・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第9戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位45名が決定した。初日のリーダー、バーニー・シュルツはこの日22Lb9ozをウエイイン。ややペースダウンしたもののトータルウエイト47Lb14ozで首位をキープしている。以下、上位陣は2位クリス・ジョンストン、3位コリー・ジョンストン、4位クラーク・ウェンドラント、5位ジャスティン・アトキンスとなっている。日本人では伊藤巧が22Lb14ozを追加、トータルウエイトを40Lb13ozとして38位から11位へとジャンプアップ。宮崎友輔も38位でセミファイナルに進出した。木村建太は89位から48位へと追い上げたものの、惜しくもセミファイナル進出を逃している。

+B.A.S.S.
+成績

ブライアン・スリフトとトーマス・ラビクトール Jr.がトップタイに/MLF Toyota Series Northern Division 第1戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Northern Division はシーズン開幕となる第1戦がキックオフ。トーナメントウォーターはニューヨーク州レイク・シャンプレイン。この日のトップウエイトとなる20Lb6ozをウエイインしたのはなんと2名。ブライアン・スリフトとトーマス・ラビクトール Jr.が同ウエイトでトップタイとなっている。以下、上位陣は3位ブライアン・ラベル、4位ジェイソン・ベーコン、5位ダコタ・エバーレ、5位スティーブン・エステスとなっている。

+Major League Fishing
+成績

バーニー・シュルツが初日をリード/B.A.S.S. Elite Series 第9戦:Day 1

 B.A.S.S. Elite Seriesはシーズン最終戦となる第9戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはニューヨーク州セントローレンス・リバー。この日のトップウエイトとなる25Lb5ozをウエイインしたのはバーニー・シュルツ。バスマスタークラシック9度出場のベテランながら、B.A.S.S.戦での優勝経験がないだけに注目が集まっている。以下、上位陣は2位タイにクリス・ジョンストンとコリー・ジョンストン、4位ケイレブ・サムロール、5位セス・フェイダーとなっている。日本人では伊藤巧が17Lb15ozで38位につけたほか、宮崎友輔が16Lb3ozで55位、木村建太が10Lb8ozで89位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

ブライアン・シュミットが優勝/B.A.S.S. Elite Series 第8戦:Final

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されたB.A.S.S. Elite Series第8戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのブライアン・シュミットは16Lb1ozをウエイイン。ペースダウンしたものの前日までのアドバンテージが功を奏してトータルウエイトを78Lb5ozとし、2位のキース・コームスに8oz差での優勝を果たした。シュミットがメインに使用していたのはネコリグのMissile Baits Quiver WormとダウンショットリグのMissile Baits Ned Bomb。「ここの魚たちは頭がいいのか、ジグにはバイトしてこなかったよ」と語っている。

+B.A.S.S.
+成績

梶原智寛が逆転優勝/JB マスターズ 第2戦“サンライン CUP”:Final

 茨城県霞ヶ浦で開催されたJB マスターズ第2戦は大会の全日程を終了。この日もリミットメイカーは3名、参加106名中48名がノーウエイトという厳しい状況。初日のトップウエイトをマークした藤田京弥は4尾をウエイインしたものの、これを上回ったのが初日4位につけていた梶原智寛。4尾ながらこの日のトップウエイトとなる3682gをウエイインし、ポイントで藤田を逆転。3人抜きでの逆転優勝を果たした。以下、上位陣は2位藤田京弥、3位安江優斗、4位岡山英史、5位西川慧という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

ブライアン・シュミット、首位のままファイナルへ/B.A.S.S. Elite Series 第8戦:Day 3

 ニューヨーク州レイク・シャンプレインで開催されているB.A.S.S. Elite Series第8戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。予選を通過した45名で競われたこの日、トーナメントリーダーのブライアン・シュミットは19Lb4ozをウエイイン。この日は3尾のラージマウスと2尾のスモールマウスというミックスバッグだったが、トータルウエイトを62Lb4ozとして首位をキープ。以下、上位陣は2位クリス・ザルディーン、3位キース・コームス、4位パトリック・ウォルターズ、5位リー・リブセイとなっている。日本人では木村建太が21位、伊藤巧が31位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績