ニック・レブランが逆転優勝/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Final

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されたB.A.S.S. Central Open 第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのジョン・スーカップは4尾で8Lb4ozとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは前日まで2位につけていたニック・レブランだった。この日のトップウエイトとなる17Lb3ozをウエイインしたレブランはトータルウエイトを50Lb2ozとして逆転優勝。3位で決勝に臨んだ木村建太はウエイトを大きく伸ばせずトータルウエイト45Lb12ozで2位、同じく4位の松下雅幸は39Lb9ozで6位という結果となった。

+B.A.S.S.
+

木村建太と松下雅幸がファイナル進出/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 2

 オクラホマ州グランド・レイクで開催されているB.A.S.S. Central Open 第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、木村建太はこの日4尾で11Lbと大きくウエイトを伸ばせず3位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたジョン・スーカップだった。この日15Lb10ozをウエイインしたスーカップはトータルウエイトを34Lb11ozとしている。2位にはニック・レブランがつけ、初日10位につけていた松下雅幸が16Lb11ozをウエイインして4位へとジャンプアップ、木村とともにファイナルに進出。以下、5位コディ・ハフとなっている。日本人アングラーでは伊豫部健が20位、青木大介が37位、北大祐が83位、加藤誠司が121位、舘野茂和が123位となった。この段階で松下雅幸と青木大介はOPENS AOYの2位と3位が確定し、来期Elite Seriesの参戦権を獲得した。

+B.A.S.S.
+

木村建太が初日をリード/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Central Openは今季最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはオクラホマ州グランド・レイク。トーナメント初日のトップウエイトとなる21Lb14ozをウエイインしたのは木村建太。唯一の20Lb超えで2位に3Lb近い差をつけている。以下、上位陣は2位ジョン・スーカップ、3位ニック・レブラン、4位サム・ジョージ、5位コディ・ハフとなっている。日本人アングラーでは松下雅幸が15Lb3ozで10位と好位置につけたほか、伊豫部健が11Lb5ozで44位、青木大介が11Lb3ozで46位タイ、北大祐が9Lb7ozで72位、舘野茂和が6Lb3ozで116位、加藤誠司が4Lb6ozで143位につけている。

+B.A.S.S.
+

山岡計文が優勝/JB TOP 50 第5戦“がまかつ CUP”:Final

 奈良県七色ダムで開催されたJB TOP 50 第5戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位30で競われたこの日、初日からトーナメントをリードしていた山岡計文はこの日も5,474gをウエイイン。これがこの日3番手のウエイトとなり、トータルウエイト17,346gで初日から首位を譲ることなく優勝を果たした。以下、2位篠塚亮、3位小林明人、4位林祐吾、5位青木唯という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

山岡計文が予選を首位で通過/JB TOP 50 第5戦“がまかつ CUP”:DAY 2

 奈良県七色ダムで開催されているJB TOP 50 第5戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位30名が決定した。初日に7,785gをマークした山岡計文はこの日も4.086gをウエイイン。これがこの日5番手のウエイトとなり、196ポイントで予選を首位通過。以下、予選上位は2位青木唯、3位本堂靖尚、4位天野雄太、5位横山朋毅となっている。なお、最終順位は3日間のウエイトで競われ、こちらは1位山岡計文(11,871g)、2位青木唯(9,447g)、3位天野雄太(8,798g)、4位本堂靖尚(8,790g)、5位横山朋毅(7,578g)という順位。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

山岡計文が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第5戦“がまかつ CUP”:DAY 1

 JB TOP 50が第5戦の開幕を迎えた。新型コロナウィルスの影響で第2戦が延期となったため、これが実質4戦めということになる。トーナメントウォーターは奈良県七色ダム。参加58名中35名がリミットメイクと、まずまずのコンディションに恵まれた。この状況の中、2位に2kg以上の差をつける7785gという驚愕のトップウエイトをマークしたのは山岡計文だった。以下、2位天野雄太、3位本堂靖尚、4位武田栄喜、5位五十嵐誠となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

ロイ・ホークが逆転優勝/WON BASS U.S. OPEN 2021:Final

 ネバダ州レイク・ミードで開催されたWON BASS U.S. OPEN 2021はトーナメントの全日程を終了。初日が強風のためキャンセルになったため2日間での開催となった最終日、トーナメントリーダーのラスティ・サリュースキーは7.72Lbとウエイトを伸ばせず優勝戦線から離脱。このチャンスをものにしたのは初日12位につけていたロイ・ホークだった。大会を通じてのヘビエストウエイトとなる11.62Lbをウエイインしたホークはトータルウエイトを21.74Lbとして11人抜きでの逆転優勝を達成。メインベイトは自作のジグで、ゲーリーヤマモトのサイコダッドをトレーラーとして使用したというホークは2015年に続いて2度めのウイナーとなった。なお、ノンボーター(AAA)部門はデビッド・シアラーが優勝となった。

+WON BASS

ラスティ・サリュースキーが初日をリード/WON BASS U.S. OPEN 2021:Day 2

 ネバダ州レイク・ミードで開催されているWON BASS U.S. OPEN 2021はトーナメント2日めを終了。初日が強風のためキャンセルになったため、これが実質のDay 1ということになる。穏やかな天候に恵まれたこの日、11.81Lbをウエイインしてトーナメントリーダーとなったのはラスティ・サリュースキー。朝の10分ほどでリミットメイクに成功し、明日に備えて早々にプライマリーエリアを離れたと語っている。以下、2位トラビス・ジュエル、3位デイビス・ハート、4位クリフ・キング、5位ベン・バードとなっている。初日がキャンセルになったのでトーナメントは2日間での開催となり、明日が最終日となる。

+WON BASS

ジェイコブ・ポロズニックが逆転優勝/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第2戦:Final

 アラバマ州ルイス・スミス・レイクで開催されているB.A.S.S. Central Openは第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのニック・ルブランは3尾のウエイインにとどまった。このチャンスを逃さなかったのは、前日まで4位につけていたジェイコブ・ポロズニック。この日のトップウエイトとなる14Lb5ozをウエイインし、トータルウエイトを37Lb9ozとして逆転優勝を飾った。ポロズニックはOPEN AOYでの1位をキープし、2位に70ポイント差をつけている。なお、上位3名がElite Seriesに昇格するOPEN AOYでは現在青木大介が3位、松下雅幸が4位につけている。青木はCentral OpenのAOYでも4位につけており、最終戦の行方に注目だ。

+B.A.S.S.
+成績