リー・リブセイがレイク・フォーク戦2連覇を達成/B.A.S.S. Simms Bassmaster Elite Series 第5戦:Final

 テキサス州レイク・フォークで開催されているB.A.S.S. Elite Series第5戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダのリー・リブセイはこの日25Lb12ozをマーク。トータルウエイトを113Lb12ozとし、2位のブランドン・パラニュークに10Lb以上の大差をつけて圧勝。レイク・フォークをホームレイクとしているリブセイは昨年の同大会でも優勝しており、今回で2連覇を達成した。

+B.A.S.S.
+成績

リー・リブセイが首位をキープしたままファイナルへ/B.A.S.S. Simms Bassmaster Elite Series 第5戦:Day 3

 テキサス州レイク・フォークで開催されているB.A.S.S. Elite Series第5戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。予選を通過した47名で競われたこの日、トーナメントリーダのリー・リブセイは27Lb5ozをマーク。トータルウエイトを87Lb15ozとして首位をキープしている。以下、ブランドン・パラニューク、ジェラルド・スインドル、ブライアン・ニュー、ジョシュア・ストラクナー、シェーン・レヒュー、マーク・フレイジャー、クリス・ジョンストン、ビル・ローウェン、デレック・ハドノールがファイナルに進出。日本人では木村建太が14位、青木大介が35位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

ジョナサン・セメントが初日119位からの逆転優勝/MLF Toyota Series Southern Division 第3戦:Final

 フロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクスで開催されたMajor League Fishing Toyota Series Southern Division第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位25名で競われたこの日、トーナメントリーダーのアンドリュー・レディは14Lb3ozと平凡なウエイト。このチャンスをものにしたのは、前日まで7位につけていたジョナサン・セメントだった。この日、大会を通じてのトップウエイトとなる25Lb3ozをウエイインしたセメントはトータルウエイトを60Lb1ozとして逆転優勝。セメントは初日9Lb15ozで119位からのスタート。2日間で118名を抜き去っての大逆転優勝を果たした。

+Major League Fishing
+成績

リー・リブセイが首位に浮上、木村建太と青木大介がセミファイナル進出/B.A.S.S. Simms Bassmaster Elite Series 第5戦:Day 2

 テキサス州レイク・フォークで開催されているB.A.S.S. Elite Series第5戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位47名が決定した。初日のリーダー、クリフ・プリンスは18Lb6ozとウエイトを伸ばせず6位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたリー・リブセイだった。この日28Lb10ozをマークしたリブセイはトータルウエイトを60Lb10ozとしている。以下、上位陣は2位ブランドン・パラニューク、3位ブライアン・ニュー、4位ジェラルド・スインドル、5位シェーン・レヒューとなっている。日本人ではこの日28Lb1ozをウエイインした木村建太が初日54位から18位へとジャンプアップ、青木大介も35位でセミファイナル進出。松下雅幸は71位、伊藤巧は72位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

アンドリュー・レディが首位に浮上/MLF Toyota Series Southern Division 第3戦:Day 2

 フロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクスで開催されているMajor League Fishing Toyota Series Southern Division第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位25名が決定した。初日のリーダー、ノーラン・ガスキンはこの日ウエイトを伸ばせず大きく後退。代わって首位に立ったのは初日3位につけていたアンドリュー・レディだった。この日20Lb13ozをウエイインしたレディはトータルウエイトを42Lb2ozとしている。以下、上位陣は2位アンドリュー・バスケット、3位ボビー・ベークウェル、4位クリスチャン・グライコ、5位ダスティン・スミスとなっている。

+Major League Fishing
+成績

クリフ・プリンスが初日のトップウエイトをマーク/B.A.S.S. Simms Bassmaster Elite Series 第5戦:Day 1

 B.A.S.S. Elite Seriesは第5戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはテキサス州レイク・フォーク。先日逝去したB.A.S.S.創設者レイ・スコットを偲び、全員が彼のトレードマークだったテンガロンハットを着用してのウエイインとなった。アメリカを代表するビッグフィッシュファクトリーとして知られるレイク・フォークだけに、この日はビッグウエイトが続出。20Lbオーバーをウエイインしたアングラーは33名、うち2名が30Lbオーバという初日となった。トップウエイトとなる32Lb5ozをマークしたのはクリフ・プリンス。以下、上位陣は2位リー・リブセイ、3位ジェラルド・スインドル、4位グレッグ・ハックニー、5位マッティ・ウォングとなっている。日本人では青木大介が21Lb6ozで28位タイにつけたほか、木村建太が16Lb11ozで54位、松下雅幸が12Lb14ozで77位、伊藤巧が11Lb13ozで81位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

ノーラン・ガスキンが初日をリード/MLF Toyota Series Southern Division 第3戦:Day 1

 Major League Fishing Toyota Series Southern Divisionは第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントリーダーはフロリダ州ハリス・チェイン・オブ・レイクス。温暖なフロリダ州だけあって、この日は30℃を超える暑さに見舞われた。初日のトップウエイトとなる22Lb1ozをウエイインしたのはノーラン・ガスキンだった。以下、上位陣は2位マイク・ジャクソン、3位アンドリュー・レディ、4位バル・オシンスキー、5位ハンター・ウェストンとなっている。

+Major League Fishing
+成績

ニック・ルブランが優勝/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit 第4戦:Final

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されたMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit第4戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名でウエイトをリセットして競われたこの最終日、トップウエイトとなる22Lb15ozをウエイインしたのはニック・ルブラン。これまでに3度のBFL優勝歴があるが、Pro Circuitでは初優勝となった。ウイニングベイトは10inのV&M J-Mag Wormで、同じくV&Mの3/4ozMega Shakey Headとのセットで水深30ftをねらったと語っている。

+Major League Fishing
+成績

スペンサー・シャフィールドが首位で決勝進出/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit 第4戦:Day 3

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit第4戦はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日からトーナメントをリードしているスペンサー・シャフィールドはこの日19Lb6ozをウエイイン。トータルウエイトを63Lb7ozとして首位でファイナル進出を決めた。以下、ニック・ハットフィールド、レイン・オルソン、マイケル・ニール、ボビー・レイン、ニック・ルブラン、ジェイコブ・ウォール、ロン・ネルソン、ジョシュ・バトラー、ブランドン・モズリーがウエイトをリセットしてのファイナルに進出した。前日まで48位につけていた小池貴幸は33位に順位を上げてのフィニッシュとなった。

+Major League Fishing
+成績

スペンサー・シャフィールドが首位をキープ/MFL Tackle Warehouse Pro Circuit 第4戦:Day 2

 アラバマ州レイク・ガンターズビルで開催されているMajor League Fishing Tackle Warehouse Pro Circuit第4戦はトーナメント2日めを終了。明日のセミファイナルに進出する上位50名が決定した。初日のリーダー、スペンサー・シャフィールドはこの日18Lb11ozをウエイイン。ペースダウンしたもののトータルウエイトを44Lb1ozとして首位をキープ。以下、上位陣は2位レイン・オルソン、3位マイケル・ニール、4位ニック・ハットフィールド、5位ジェイコブ・ウォールとなっている。初日54位タイだった小池貴幸は16lb6ozを追加し、48位でセミファイナルに進出している。

+Major League Fishing
+成績