W.B.S.第5戦は台風によって中止に

茨城県霞ヶ浦で9月24〜25日に開催が予定されていたW.B.S. 第5戦は、台風15号の接近に伴う影響を考慮し中止となった。今シーズンは4戦が成立しているため延期はされず、第4戦終了時の暫定ランキングがそのまま2022年最終ランキングとなる。この結果、AOYは橋本拓哉が獲得している。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE

小林知寛が8人抜きで逆転優勝/JB TOP 50 第4戦“ SDGマリン CUP”:Final

茨城県霞ヶ浦で開催されているJB TOP 50 第4戦“ SDGマリン CUP”はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した30名で競われたこの日、トーナメントリーダーの黒田健史はまさかのノーウエイト。このチャンスをものにしたのは、暫定で9位につけていた小林だった。この日のトップウエイトとなる4,295gをウエイインした小林はトータルウエイトを7,787gとし、2日の時点で3,201gあったトップとの差を逆転。8人抜きでの逆転優勝を飾った。以下、2位武田栄喜、3位黒田健史、4位福島健、5位小森嗣彦という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

黒田健史がトップで予選通過/JB TOP 50 第4戦“ SDGマリン CUP”:DAY 2

茨城県霞ヶ浦で開催されているJB TOP 50 第4戦“ SDGマリン CUP”はトーナメント2日めが終了。明日の決勝に進出する上位30名が決定した。参加49名中30名がウエイイン、リミットメイクは3名という厳しい状況の中、予選をトップ通過したのは初日のリーダー黒田健史。この日7番手となる1,738gをウエイインし、トータルポイントを94とした。以下、上位陣は2位を迎えた。トーナメントウォーターは茨城県霞ヶ浦。トップウエイトとなる4,955gをマークしたのは黒田健史だった。以下、上位陣は2位武田栄喜、3位小野俊郎、4位福島健、5位江尻悠真となっている。なお、最終順位が決定するウエイト順は1位黒田健史、2位武田栄喜、3位福島健、4位小野俊郎、5位小森嗣彦となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

黒田健史が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第4戦“ SDGマリン CUP”:DAY 1

JB TOP 50が今シーズン第4戦“ SDGマリン CUP”の トーナメント初日を迎えた。トーナメントウォーターは茨城県霞ヶ浦。参加49名中38名がウエイイン、リミットメイクは4名という状況の中、トップウエイトとなる4,955gをマークしたのは黒田健史だった。以下、上位陣は2位三谷聡、3位小林知寛、4位小野俊郎、5位今泉拓哉となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

江尻悠真がTOP 50初優勝/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:Final

茨城県北浦で開催されたJB TOP 50はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位30名で競われたこの日も酷暑のタフコンディション。この日は30名中18名がウエイイン、リミットメイクは1名という状況。この唯一のリミットメイカーとなった今泉拓哉がこの日のトップウエイトとなる5,625gをウエイインして追い上げたが、トーナメントリーダーの江尻悠真もこの日5番手となる1,872gをウエイイン。トータルウエイト8,750gで今泉の猛追を振り切った江尻が、TOP 50ルーキーイヤーにして初優勝を達成した。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

江尻悠真が首位で予選を通過/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:DAY 2

茨城県北浦で開催されているJB TOP 50はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出する上位30名が決定した。この日は参加49名中39名がウエイイン、リミットメイクは2名という状況。予選を首位で通過したのは初日を9位で終え、この日のトップウエイトとなる4,290gをウエイインした江尻悠真だった。以下、2位吉川永遠、3位小林明人、4位黒田健史、5位小森嗣彦という予選結果となった。なお、最終順位が決定するウエイト順は1位江尻悠真、2位小森嗣彦、3位黒田健史、4位吉川永遠、5位小林明人となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

小森嗣彦が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第3戦“ エバーグリーン CUP”:DAY 1

JB TOP 50が今シーズン第3戦の キックオフを迎えた。トーナメントウォーターは茨城県北浦。参加49名中35名がウエイイン、リミットメイクは2名という状況の中、トップウエイトとなる5,425gをマークしたのは小森嗣彦だった。以下、上位陣は2位黒田健史、3位吉川永遠、4位藤田京弥、5位市村修平となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“JB NBC NEWS”にて。

+JB NBC NEWS

安藤毅・篠崎優希チームが優勝/W.B.S. Pro Tournament 第4戦:Final

茨城県霞ヶ浦でワンデイによって競われたW.B.S. 第4戦。リミットメイカー1チームという厳しいコンディションの中、4尾で4,260gをウエイインした安藤毅・篠崎優希チームが優勝を果たした。以下、2位が大石智洋・高木典之チーム、、3位中根亘・小濱利光チーム、4位西村嘉高・渕井守チーム、 5位今井新・鈴木涼太チームという結果となった。なお、ビッグフィッシュ賞(1,890g)は橋本卓哉・渡部博昭チームが獲得している。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE

青木唯が逆転優勝/JB マスターズ第3戦“サンラインCUP”:Final

 三重県三瀬谷ダムで開催されたJBマスターズシリーズ第3戦“サンラインCUP”はトーナメントの全日程を終了。初日にトップウエイトをマークした佐藤透はこの日ノーウエイトとなり大きく後退。優勝は初日13位につけていた青木唯だった。この日3番手となる2,788gをウエイインした青木は2日間のポイントを226として大薮秀樹と並んだが、ウエイト差で優勝、大薮が準優勝となった。以下、3位山下尚輝、4位白鳥稔一、5位光本暉という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

佐藤透が初日のトップウエイトをマーク/JB マスターズ第3戦“サンラインCUP”:Day 1

 JBマスターズシリーズは第3戦“サンラインCUP”が三重県三瀬谷ダムでキックオフを迎えた。参加者99名中魚をウエイインしたのは84名、リミットメイクは17名という状況。このコンディションの中、2尾ながら4,220gをマークしたのは佐藤透だった。以下、上位陣は2位小林知寛、3位正木敦、4位藤田夏輝、5位野村俊介となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS