中田敬太郎が初日のトップウエイトをマーク/JB マスターズ第3戦“サンライン&アフコCUP”:Day 1

 JBマスターズシリーズは第3戦“サンライン&アフコCUP”が兵庫県生野銀山湖でキックオフを迎えた。参加者86名中魚をウエイインしたのは26名、3尾のリミットメイカー1人という状況の中、2尾ながら3,370gというウエイトをマークしたのは中田敬太郎だった。以下、上位陣は2位加木屋守、3位阿部貴樹、4位野村俊介、5位藤川温大という順位になっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

山岡計文が優勝/JB TOP 50 第2戦“東レソラロームCUP”:Final

 山口県弥栄湖で開催されているJB TOP 50第2戦“東レソラロームCUP”はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した30名で競われたこの日、暫定ウエイト首位の山岡計文はこの日2番手となる4,205gをウエイイン。トータルウエイトを12,547gとして優勝を飾った。以下、2位志逹海輝、3位梶原智寛、4位五十嵐誠、5位宇佐見素明という結果となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

大石智洋・新倉裕司チームが連日のリミットメイクで圧勝/W.B.S. Pro Tournament 第3戦:Final

 茨城県土浦新港を拠点に開催されたW.B.S. Pro Tournamentはトーナメントの全日程を終了。初日、唯一のリミットメイカーとなり5,760gをウエイインした大石智洋・新倉裕司チームはこの日も好調を維持。連日のリミットメイクを達成し、5,620gをウエイイン。トータルウエイトを11,380gとして2位に6kg近い大差をつけて圧勝した。以下、上位陣は2位松村寛・佐藤善幸チーム、3位草深幸範・山口将司チーム、4位大藪厳太郎・村崇太チーム、5位小野将大・鯉河健一チームという結果となった。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE

山岡計文が予選をトップ通過/JB TOP 50 第2戦“東レソラロームCUP”:DAY 2

 山口県弥栄湖で開催されているJB TOP 50第2戦“東レソラロームCUP”はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位30名が決定した。この日は参加53名中52名が魚をウエイイン、うち45名が3尾のリミットメイク。予選を首位で通過したのはこの日のトップウエイトとなる3,452gをウエイインした山岡計文。以下、2位野村俊介、3位志逹海輝、4位今泉拓哉、5位五十嵐誠という順位。最終順位が決定するウエイト順では1位山岡計文、2位志逹海輝、3位吉川永遠、4位野村俊介、5位薮田和幸となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

大石智洋・新倉裕司チームが初日のトップウエイトをマーク/W.B.S. Pro Tournament 第3戦:Day 1

 W.B.S. Pro Tournamentは茨城県土浦新港を拠点に第3戦が開催された。2デイトーナメントの初日となったこの日は参加31チーム中バスをウエイインしたのは22チーム、リミットメイクは1チームという状況。このコンディションの中、唯一リミットメイクを果たして5,760gをウエイインしたのは大石智洋・新倉裕司チームだった。以下、上位陣は2位大藪厳太郎・村崇太チーム、3位松村寛・佐藤善幸チーム、4位草深幸範・山口将司チーム、5位沢村幸弘・廣瀬祐太朗チームとなっている。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE

志逹海輝が初日のトップウエイトをマーク/JB TOP 50 第2戦“東レソラロームCUP”:DAY 1

 JB TOP 50が第2戦のキックオフを迎えた。“東レソラロームCUP”のトーナメントウォーターは山口県弥栄湖。この日は参加53名全員が魚をウエイイン、うち43名が3尾のリミットメイクというコンディションだった。5,735gをウエイインしてトーナメントリーダーとなったのは志逹海輝だった。以下、上位陣は2位山岡計文、3位吉川永遠、4位薮田和幸、5位江尻悠真となっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

大藪厳太郎・篠崎優希チームが優勝/W.B.S. Pro Tournament 第2戦

 W.B.S. Pro Tournamentは茨城県北浦の潮来マリーナを拠点に第2戦が開催された。参加36チーム中バスをウエイインしたのは20チーム、リミットメイクはゼロという状況。このコンディションの中、4尾をウエイインして2,720gで優勝を飾ったのは大藪厳太郎・篠崎優希チームだった。以下、上位陣は2位蛯原英夫・千葉ドラチーム、3位今井新・神尾佑樹チーム、4位齋藤寛之・小石博明チーム、 5位関和学・平賀善彦チームという結果となった。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE

冨沢真樹が逆転優勝/JB マスターズ第2戦“シマノCUP”:Final

 山梨県河口湖で開催されたJBマスターズシリーズ第2戦“シマノCUP”はトーナメントの全日程を終了。参加者96名中魚をウエイインしたのは20名、前日に続きリミットメイカーゼロという厳しい状況の中、初日のトップウエイトをマークした中原康太は1尾のウエイインにとどまった。ここで息を吐いたのは初日5位につけていた冨沢真樹。この日2番手のウエイトとなる4,114gをウエインし、トータルポイント215で中原を逆転して優勝、中原は2位でのフィニッシュとなった。以下、上位陣は3位西川慧、4位藤川温大、5位長友政貴という結果となった。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

中原康太が初日のトップウエイトをマーク/JB マスターズ第2戦“シマノCUP”:Day 1

 JBマスターズシリーズは第2戦“シマノCUP”が山梨県河口湖でキックオフを迎えた。参加者96名中魚をウエイインしたのは21名、リミットメイカーゼロという厳しい状況の中、2尾ながら2,960gというウエイトをマークしたのは中原康太だった。以下、上位陣は2位大場直樹、3位西川慧、4位芳賀龍平、5位冨沢真樹という順位になっている。トーナメントの詳細および成績は、JBの公式サイト“NBC NEWS”にて。

+NBCNEWS

大石智洋・篠崎優希チームが優勝/W.B.S. Pro Tournament 第1戦

 W.B.S. Pro Tournamentがキックオフを迎えた。第1戦は茨城県霞ヶ浦の土浦新港を拠点に開催。参加33チーム中バスをウエイインしたのは11チーム、リミットメイクはゼロという状況。このコンディションの中、1尾をウエイインして1980gで優勝を飾ったのは大石智洋・篠崎優希チームだった。以下、上位陣は2位齋藤寛之・苅部裕一チーム、3位今井新・尾形芳秋チーム、4位草深幸範・澤村中チーム、 5位袖山敦志・澤田和昭チームという結果となった。大会に関する詳細はW.B.S.の公式サイト、W.B.S.onLINEにて。

+W.B.S.onLINE