ジェイコブ・ポロズニックが逆転優勝/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Final

 アラバマ州ルイス・スミス・レイクで開催されているB.A.S.S. Central Openは第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのニック・ルブランは3尾のウエイインにとどまった。このチャンスを逃さなかったのは、前日まで4位につけていたジェイコブ・ポロズニック。この日のトップウエイトとなる14Lb5ozをウエイインし、トータルウエイトを37Lb9ozとして逆転優勝を飾った。ポロズニックはOPEN AOYでの1位をキープし、2位に70ポイント差をつけている。なお、上位3名がElite Seriesに昇格するOPEN AOYでは現在青木大介が3位、松下雅幸が4位につけている。青木はCentral OpenのAOYでも4位につけており、最終戦の行方に注目だ。

+B.A.S.S.
+成績

ニック・ルブランが首位をキープ/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 2

 アラバマ州ルイス・スミス・レイクで開催されているB.A.S.S. Central Openは第2戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、ニック・ルブランはこの日12Lb13ozをウエイイン。トータルウエイトを27Lb15ozとして首位を保ったまま明日のファイナルに進出。以下、上位陣は2位トム。フリンク、3位ジェイ・プシェクラ、4位ジェイコブ・ポロズニック、5位ジェシー・ウィギンスとなっている。日本人アングラーでは加藤誠司がトータルウエイト20Lb8ozで12位に入賞したほか青木大介が20位、木村建太が28位、松下雅幸が38位、北大祐が85位、伊豫部健が142位という結果となった。

+B.A.S.S.
+成績

ニック・ルブランが初日をリード/B.A.S.S. Basspro.com Central Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Central Openは第2戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはアラバマ州ルイス・スミス・レイク。当初は春に開催が予定されていたが、増水のため秋へとシフトされていた。この日のトップウエイトとなる15Lb2ozをウエイインしたのはニック・ルブラン。以下、上位陣は2位コディ・バード、3位ブランドン・アッカーソン、4位トム・フリンク、5位ブロック・モズリーとなっている。日本人アングラーでは加藤誠司が10Lb15ozで19位につけたほか、青木大介が8Lb3ozで52位タイ、北大祐が6Lb11ozで70位、松下雅幸が4Lb9ozで103位タイ、木村建太が4Lb5ozで110位、伊豫部健が2Lb6ozで147位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

コディ・ホイルが優勝/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Final

 ノースカロライナ州レイク・ノーマンで開催されたB.A.S.S. Southern Open第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのコディ・ホイルは3尾で9Lb2ozとペースダウンしたものの、前日までのリードが功を奏して逃げ切りで優勝。トータルウエイトは40Lb4ozだった。日本人で唯一ファイナルに進出した松下雅幸は10Lb5ozをウエイイン。トータルウエイト33Lb6ozで5位でのフィニッシュとなった。Opens AOYの上位3名が来期Elite Seriesに昇格となるが、現在、Opens AOYでは青木大介が4位、松下が5位(共に1088ポイントだが青木のほうが今期上位でフィニッシュしているため上位となる)につけている。

+B.A.S.S.
+成績

コディ・ホイルが首位に浮上、松下雅幸が4位でファイナルへ/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Day 2

 ノースカロライナ州レイク・ノーマンで開催されているB.A.S.S. Southern Open第3戦はトーナメント2日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、ブレイク・スミスはこの日リミットメイクできず大きく後退。代わって首位に立ったのは、この日16Lb9ozをウエイインしてトータルウエイトを31Lb2ozとしたコディ・ホイルだった。以下、上位陣は2位ジョーイ・ナニア、3位クリスチャン・ショダ、そして初日19位につけていた松下雅幸がトータルウエイト23Lb1ozで4位へと順位を上げてファイナル進出。5位にはコール・サンズがつけている。このほか日本人アングラーでは青木大介が27位、北大祐が147位、加藤誠司が152位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

ブレイク・スミスが初日をリード/B.A.S.S. Basspro.com Southern Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Southern Openはシーズン最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはノースカロライナ州レイク・ノーマン。ラージマウスバスとスポッテッドバスが生息しており、サイズのよいラージマウスを混ぜられるかがキーのひとつになる。この日のトップウエイトとなる15Lb7ozをウエイインしたのはブレイク・スミス。以下、上位陣は2位コディ・ホイル、3位チャーリー・ハートリー、4位クリスチャン・ショダ、5位ジョニー・ビガーとなっている。日本人アングラーでは松下雅幸が11Lb3ozで19位、青木大介が4尾ながら10Lb8ozで32位、加藤誠司が5Lb5ozで128位、北大祐が2Lb8ozで166位につけている。

+B.A.S.S.
+成績

コリー・ジョンストンが逆転優勝/B.A.S.S. Basspro.com Northern Open 第3戦:Final

 ニューヨーク州1000アイランズで開催されたB.A.S.S. Northern Open 第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、トーナメントリーダーのクープ・ギャラント21Lb4ozとウエイトを伸ばせず4位に後退。このチャンスをものにしたのは前日まで2位につけていたコリー・ジョンストンだった。この日のトップウエイトとなる27Lb6ozをウエイインし、トータルウエイト78Lbで見事な逆転優勝を果たした。水深18〜42ftにある岩のストラクチャーを狙ったというジョンストンのメインベイトは4inのプロトタイプのソフトベイトで、ダウンショットリグを使用したと語っている。

+B.A.S.S.
+成績

クープ・ギャラントが首位に浮上、日本人勢は決勝進出ならず/B.A.S.S. Basspro.com Northern Open 第3戦:Day 2

 ニューヨーク州1000アイランズで開催されているB.A.S.S. Northern Open 第3戦はトーナメント2日めを終了。明日の決勝に進出する上位10名が決定した。初日のリーダー、キャル・クリンプソンはこの日22Lb7ozとややペースダウンし3位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたカナディアンアングラー、クープ・ギャラントだった。この日25Lb2ozをウエイインしたギャラントはトータルウエイトを52Lb2ozとしている。以下、上位陣は2位コリー・ジョンストン、4位ジョナサン・ケリー、5位アダム・ニューとなっている。日本人アングラーでは初日6位につけていた青木大介がこの日13Lb15ozとウエイトを伸ばせず43位、松下雅幸が138位でのフィニッシュとなった。

+B.A.S.S.
+成績

キャル・クリンプソンが初日をリード、青木大介が6位発進/B.A.S.S. Basspro.com Northern Open 第3戦:Day 1

 B.A.S.S. Northern Openはシーズン最終戦となる第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはニューヨーク州1000アイランズ。五大湖のひとつ、レイク・オンタリオの北東端から流れ出るセントローレンス・リバーの上流エリアを指す呼称で、観光地としても知られるエリアだ。44名のアングラーが20Lb超えという状況の中、この日のトップウエイトとなる27Lb7ozをウエイインしたのはキャル・クリンプソン。以下、上位陣は2位クープ・ギャラント、3位タイにゲーリー・アドキンスとケビン・パーク、5位コリー・ジョンストンとなっている。日本人アングラーでは青木大介が24Lb13ozで6位と好位置につけたほか、松下雅幸が18Lb9ozで66位タイにつけている。

+B.A.S.S.
+成績

ビル・パーキンスが初優勝/B.A.S.S. Basspro.com Northern Open 第2戦:Final

 ニューヨーク州オネイダ・レイクで開催されているB.A.S.S. Northern Open第2戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、初日からトーナメントをリードしてきたビル・パーキンスは16Lb9ozをウエイイン。トータルウエイトを52Lb3ozとして一度も首位を譲ることなく優勝を果たした。実はパーキンスにとって今回が初のB.A.S.S.戦。初戦に出場していないためバスマスタークラシック出場権は獲得できなかったが「とにかくこの3日間は集中して臨んだ。あまり眠れなかったし、食事も喉を通らないほどだったけど…勝てたことを神に感謝したい。それと、B.A.S.S.やこれまで支えてくれた家族や友人にも」と語った。

+B.A.S.S.
+成績