トレバー・フィッツジェラルドが初日をリード/FLW Series Southern Division 第1戦:Day 1

 FLW SeriesはSouthernディビジョンが開幕を迎えた。第1戦のトーナメントウォーターは先週B.A.S.S. Elite Seriesが開催されたフロリダ州セント・ジョーンズ・リバー。この日のトップウエイトとなる21Lb2ozをウエイインしたのはトレバー・フィッツジェラルドだった。「強風のせいであらゆる状況が変わってしまった。一部では濁りもひどかったので、クリアな場所を探すことから始めたよ」と語ったフィッツジェラルドは、テキサスリグのソフトベイトをメインに使用したという。以下、上位陣は2位マイケル・コンリー、3位カイル・ウェルチャー、4位エディ・カーパー、5位ティム・フレデリックとなっている。
+FLW
+成績

ジェイコブ・ウィーラーが圧勝/MLF BASS PRO TOUR:Final

 アラバマ州レイク・ユーファウラで開催されたMLF BASS PRO TOUR第1戦はトーナメントの全日程が終了。予選を通過した10名によって競われたファイナル、Championship Roundを制したのはジェイコブ・ウィーラーだった。トータルウエイト68Lbは2位のブライアン・スリフトに27Lb以上の差をつけ、まさに圧勝と呼べるものとなった。スピナーベイトをメインに使用したウィーラーのトータルフィッシュは24、最大魚は4Lb10ozというスタッツとなっている。大森貴洋は7位でのフィニッシュとなった。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ダスティン・コーネルが首位通過、大森貴洋は4位で決勝進出/MLF BASS PRO TOUR:Day 5

 アラバマ州レイク・ユーファウラで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦はセミファイナルとなるKnockout Roundが開催された。A、B各グループの2位から20位まで19名ずつ、38名でウエイトをリセットして開催されたこの日、トップウエイトとなる40Lb6ozをマークして首位通過したのはダスティン・コーネル。大森貴洋は32Lb4ozをマークし、4位でChampionship Round進出を決めている。このほかジョーダン・リー、オット・デフォー、ブレント・チャップマン、エイドリアン・アビーナ、アルトン・ジョーンズ Jr.、ブレット・ハイトが決勝進出。Aグループ予選首位のブライアン・スリフトとBグループ予選首位のジェイコブ・ウイーラーを加えた10名でChampionship Roundが競われる。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ジェイコブ・ウィーラーが首位でグループBの予選終了、大森貴洋はセミファイナル進出/MLF BASS PRO TOUR:Day 4

 アラバマ州レイク・ユーファウラで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦はグループBの予選2日めが終了。セミファイナルとなるKnockout Roundに進出する上位19名が決定した(首位はファイナル進出が決定)。初日のリーダー。ジェイコブ・ウィーラーはこの日3尾で9Lb1ozとペースダウンしたものの、初日のリードが功を奏して首位をキープ。2日間のトータルウエイトは51Lb6oz、トータルフィッシュは18尾、最大魚は3Lb8ozというスタッツ。以下、上位陣は2位ランドール・サープ、3位マイク・マクリーランド、4位オット・デフォー、5位ボビー・レインとなっている。初日24位だった大森貴洋は16Lb6ozを追加して16位にジャンプアップ、セミファイナル進出を決めている。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ポール・ミューラーが優勝/B.A.S.S. Elite Series 第1戦:Final

 フロリダ州セント・ジョーンズ・リバーで開催されたB.A.S.S. Elite Series第1戦はトーナメントの全日程が終了した。初日と2日めのキャンセルにより2日間の予選&20名がファイナル進出するという変則フォーマットでの開催となった今大会。このファイナルではトーナメントリーダーのポール・ミューラーが10Lb12ozをウエイイン。トータルウエイトを47Lb6ozとして優勝を飾った。ミューラーのメインパターンはパンチング。クロータイプのソフトベイトを使用した1ozのテキサスリグでパッドが繁茂するヘビーベジテーションをねらったと語っている。
+BASS
+成績

ブライアン・スリフトが首位でグループAの予選終了/MLF BASS PRO TOUR:Day 3

 アラバマ州レイク・ユーファウラで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦はグループAの予選2日めが終了。セミファイナルとなるKnockout Roundに進出する上位19名が決定した(首位はファイナル進出が決定)。初日トップだったクリス・レインがこの日2Lb6ozとまさかの大ブレーキで5位へと後退、首位でファイナル進出を決めたのは今季から参戦しているブライアン・スリフトだった。2日間のトータルウエイトは54Lb1oz、トータルフィッシュは17尾、最大魚は6Lb3ozというスタッツ。以下、上位陣は2位グレッグ・ビンソン、3位アンディ・モーガン、4位トッド・フェアクロスとなっている。深江真一は26位で敗退となった。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ポール・ミューラーが首位に浮上、伊藤巧は1oz差でファイナル進出ならず/B.A.S.S. Elite Series 第1戦:Day 2

 フロリダ州セント・ジョーンズ・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第1戦はDay2が終了。明日のファイナルに進出する上位20名が決定した。初日のリーダー、ケリー・ジェイは14Lb3ozをウエイインしたものの2位に後退。代わって首位に立ったのは初日2位につけていたポール・ミューラーだった。この日16Lb2ozをウエイインしたミューラーはトータルウエイトを36Lb10ozとしている。以下、3位ジェイク・ウィテカー、4位カイル・ウェルチャー、5位パトリック・ウォルターズとなっている。初日45位につけていた伊藤巧はこの日16Lb12ozをウエイインして猛追するも、わずか1oz差の21位。宮崎友輔が88位で大会を終えている。
+BASS
+成績

ジェイコブ・ウィーラーがグループAの暫定首位に/MLF BASS PRO TOUR:Day 2

 アラバマ州レイク・ユーファウラで開催されているMLF BASS PRO TOUR第1戦は大森貴洋を含むグループBの予選初日が開催された。この日のトップウエイトとなる42Lb5ozをマークしたのはジェイコブ・ウィーラー。トータルフィッシュは15尾、最大魚は4Lb4ozだった。以下、上位陣は2位ウェズリー・ストレイダー、3位ランドール・サープ、4位ボビー・レイン、5位デビッド・ダッドリーとなっている。大森貴洋は7Lb2ozで24位につけている。
+成績表
+MAJOR LEAGUE FISHING

ケリー・ジェイが初日をリード/B.A.S.S. Elite Series 第1戦:Day 1

 フロリダ州セント・ジョーンズ・リバーで開催されているB.A.S.S. Elite Series第1戦は2日間のキャンセルの後ようやくDay1がスタート。この日のトップウエイトとなる21Lb7ozをウエイインしたのはケリー・ジェイ。昨年、同会場で11位に入賞しているジェイは「去年と同じ場所、同じことをやったよ」と語った。狙った水深は4〜6ft、メインベイトはジャークベイトだったと明かしている。以下、2位ポール・ミューラー、3位クラーク・ウェンドラント、4位スティーブ・ケネディ、5位スコット・カンターブリーとなっている。日本人では今季からElite Series初参戦の伊藤巧が8Lb9ozで45位、宮崎友輔が2Lb6ozで79位につけている。
+BASS
+成績